Category: Report

もっと歌上手に!もっと「歌」が楽しくなる声の出し方とは【開催レポート】
, HOOD School, Report

もっと歌上手に!もっと「歌」が楽しくなる声の出し方とは【開催レポート】

シェアオフィスHOOD天神がお届けする 「チャレンジする人のための小さな学び場 = HOOD SCHOOL」 これまでに、場づくり講座、wordpress講座、プレゼンテーション講座など。様々な講座を開催してきました。 今回は、そんな中でも最近新しいラインナップに加わわった「ヴォイストレーニング講座」の開催レポートをお届けしたいと思います。 一般教養として学生時代に学ぶ音楽。その道に進む人でなければ、その後「音楽」について学ぶなんていうことはなかなかないのではないでしょうか。   そんな中でも今回は、現役のバンドヴォーカルに「人前でも上手に歌うコツ」をヴォイストレーニングを通して学びます。 教えてくれたのは、現在も福岡を中心にバンド活動を行いながら、専門学校やヴォイトレ教室で講師としても活動をしている中浦 涼先生。   そんな中浦先生が最初に教えてくれたのは、呼吸法。 ヴォイストレーニングなのに、呼吸法?と思うかもしれませんが、この呼吸法で声の出し方が全く変わるんだとか。 歌を歌うときに有効的なのは、「腹式呼吸」。 何故ならば、胸式呼吸だと喉に入ってしまうはずの力をお腹に使うので、喉の負担を軽減できるから、という点。そして、胸が上下しないので、安定感を保ちながら歌くことができるからのようです。   普段、なかなか腹式呼吸を意識したことのない人にとって最初は難しいですが、慣れると歌うときの負担がかなり減って上手に歌う第一歩になりそうです。   そして、続いてリズムの取り方やハミングなどの練習をした後に、実際に色んなリズムに合わせて声を出しながら自分の音域を知るという練習へ。 時々、カラオケに行って「あ、これ以上の音程このままの声量じゃでないな」とか「あ、ここから少し歌い方を変えなきゃ歌えない」と思うことってありませんか?そこが自分が裏声に変わっている瞬間なんだとか。   この裏声はときに、「大きな声で歌う」ということに慣れていないと、自分の声の音域が狭くなり裏声になりやすくなるだそうです。 歌が上手くなりたいという方はイヤホンで音楽を聞いて口ずさむ練習よりも、カラオケに行って自分が大きな声を出すということを練習した方が早く上手になることができるということですね。   今回の講座の中でも何度も繰り返しているうちに「あ、ここが私の裏声になる瞬間だ」という新しい気づきがあって、自分の新たな一面を知ることができるのも楽しみの1つ。     今回の講座の中では ・呼吸法 ・リズムに合わせて歌う…

「季節ごと」とともにコミュニティをつくること【開催レポート】
, News, Report

「季節ごと」とともにコミュニティをつくること【開催レポート】

こんにちは! 春は、出会いと別れの季節でワクワクしたり寂しくなったり、、。でもやっぱりポカポカしてくると、自分の眠っていた力が日の光を浴びて湧き出すような感覚がありますよね。 さて、そんな春の真っ只中の3月27日(水)シェアオフィスHOOD天神にてHOODお花見ランチを開催いたしました! ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。 今回は「季節ごと」を楽しむ当日の様子をお届けします!   シェアオフィスHOOD天神では、「季節ごと」を絡めたオープンランチ会を定期的に開催しています。 2月の節分の季節には「恵方巻きランチ会」 お米の美味しい秋の季節には「新米を食べるランチ会」 そして、今回春に開催をした「桜を眺めながらお花見ランチ会」 このオープンランチ会に欠かせないのが、SALT給食の存在です。 SALT給食とは、、 今宿のシェアオフィス「SALT」にて毎週水曜日に振舞われる給食。毎週バラエティ豊富なメニューと、とびっきりの美味しさで根強いファンも多く、入居者さんのみならず地域の方もSALT給食を食べにSALTに来られるというほどの人気。 (SALT給食の記事はこちらから) そんなSALT給食を手がけるスタッフのみなさんが、出張してHOODのオープンランチ特別メニューを作ってくださるのです! お花見の時は、春を感じるカップ寿司。 節分の時は、具沢山でワイワイできる恵方巻き。 ▲今年のお花見ランチで振舞われた「春を感じるカップ寿司」 ▲今年の恵方巻きランチで振舞われた「具沢山の恵方巻き」 ▲昨年の新米ランチで振舞われた「料理長お手製の佃煮」 など。 HOOD天神のオープンランチのコミュニケーションは、SALT給食から生まれると言っても過言ではありません。 メニューや色合い、見た目など細かいところで、コミュニケーションが生まれる仕掛けがたくさん施してあるため、自然と会話が生まれます。   実はこのオープンランチ会、古いもので3年前から継続して開催しているものがあります。 そのくらい時を重ねると、 「HOODでの恵方巻きランチのイベントが立ち上がると、またこの季節がやってきたな〜と感じます!」 という声をいただくことも。 今回のお花見ランチは、昨年に引き続き2年目。 「今年も参加することができてよかったです!」 というお声や 「去年は散り際でしたっけ?」…

今、学校の先生が注目する2020年に向けての学びとは?【開催レポート】
, HOOD School, Report

今、学校の先生が注目する2020年に向けての学びとは?【開催レポート】

シェアオフィスHOOD天神がお届けする 「チャレンジする人のための小さな学び場 = HOOD SCHOOL」 これまでに、場づくり講座、wordpress講座、プレゼンテーション講座など。様々な講座を開催してきました。 2019年に入り、このHOOD SCHOOLの講座は「学校の先生」の受講が多くなりました。 「なぜだろう・・・?」 こちらの記事では、HOOD SCHOOLの様子とともにその疑問を紐解いてみたいと思います。 HOOD SCHOOLの中でも、最近学校の先生によく受講していただく講座が、こちらの2つの講座。 ◉グラフィックレコーディング講座 ◉デザイン思考体験ミニワークショップ 上記2つの講座は、今年1月より定期的に開催しているのですが、大変ありがたいことにどちらも公開とともに満席になるほど大人気講座です。   【グラフィックレコーディング講座とは?】 会議の内容やそこで飛び交った議論を絵や図を使って可視化する「グラフィックレコーディング」。 その楽しみ方は、以前HOOD天神でも記事にさせていただきました。(記事はこちら) 文字だけが並ぶ議事録と比べて、手書きで味のある絵や図があることで、楽しく記録をすることができる記録法の1つです。 堅苦しくなりがちな会議が柔らかい雰囲気になったり、飛び交う意見を整理しやすくなり、会議が効率的になるということで今様々なシーンで活用されています。 (ほぼ日刊イトイ新聞でも特集されていました)   【デザイン思考体験ワークショップとは?】 イノベーションのための1つの方法論でもある「デザイン思考」。 過去のデータや経験だけに頼らず、デザイナーが考える手法で解決策を見つけていくという思考法です。 新しい商品やサービスを生み出す時に、考え方のヒントになると現在では多くの書籍も出版されるほど注目されている思考法の1つですね。   ▲3/12に開催された「デザイン思考体験ミニワークショップ」の様子 会議の場で有効的に使われるグラフィックレコーディングという手法と、新しいアイディアを創出するための思考法であるデザイン思考。  …

この春、新しい一歩を踏み出す時に大切にしたいこと【開催レポート】
, Report

この春、新しい一歩を踏み出す時に大切にしたいこと【開催レポート】

HOOD天神が開催をしている これからの道しるべになる本が揃う HOOD図書館。 2019年3月10日(日)13:00-16:00 シェアオフィスHOOD天神にて HOOD図書館〜はじめる人の本棚〜を開催いたしました! この時期、来たる新年度に向けて何かと新しい一歩を踏み出す方も多いのではないでしょうか。 そんな春に向けて、今回は「はじめる」をテーマに選書&ワークショップを行いました。 ▲思い思いにHOOD図書館の空間を楽しんでくださいました! この記事では当日イベントにお越しいただけなかった方にも、イベントの様子とともに「新しい一歩を踏み出す時に大切にしたいこと」をお届けします。 新たな一歩を踏み出すとき、「よし、頑張るぞ!!」と意気込んでいることもあれば、「やると決めたけど、やっぱり少しだけ心配・・・」という気持ちになることもあるのではないでしょうか。 前向きな時に読みたくなるような“明確な道しるべ”になる本。 少し後ろ向きになる時に読みたくなるような“そっと背中をおしてくれる”本。 そんな本を選んで、展示させていただきました! 本のページをめくった先に、あなたのヒントになる言葉があることを願って・・・   今回は、地域で「はじめる」を実践して活躍する3名の推薦人にご協力をいただき、「はじめる」本を選書していただきました。 ▲株式会社ALBUS代表 酒井 咲帆さん ▲合同会社visionAreal共同代表 おきな まさひとさん ▲基山フューチャーセンターラボ 代表理事 鷲尾依子さん 酒井さん、おきなさん、鷲尾さんがそれぞれの「はじめる」時に読んでいた本、心のよりどころとなる本、いつも傍において鼓舞する本を選書していただきました。 選書していただいた本の詳細は、この記事の下部でご紹介させていただきます。   ワークショップでは、ワークショップデザイナーの岸智子さんとコーチングカード「Points of You®」を使いながら、わたしの「やりたい」に向き合いました。 参加した人同士でコミュニケーションを取りながら進めることで、自分の興味関心はより具体的に言語化されて、参加いただいたみなさんも次第に笑顔に。…

【開催レポート】HOODランチ〜みんなでつくる恵方巻き〜
, Report

【開催レポート】HOODランチ〜みんなでつくる恵方巻き〜

みなさん、こんにちは! 先日HOOD天神ではHOODランチ〜みんなでつくる恵方巻き〜のイベントを開催いたしました。 お越しいただいたみなさま、ありがとうございました♪ 一昨年より3年連続開催しております恵方巻きイベントですが、今年も恵方巻きの具材はSALT給食を作ってくれているメンバーが出張して用意してくださいました!! 今年も豊富な具材にみなさんも気分が上がります!! たまご、きゅうり、ナムル、そぼろ、お出汁のきいたしいたけ、桜でんぷん.... 色とりどりの具材の中から、自分の好きな具材をチョイスして巻き簾で巻いていきます。 一般的に恵方巻きは7種類の具材を入れると縁起がいいと言われていますが、HOODの恵方巻きイベントでは好きな具材を自由に入れてもらうのが特徴です!!楽しむことが第一! 巻き簾の上に乗せたらグルン!と巻くのですが、これにちょっとしたコツが必要で、あまり具材を乗せすぎるとうまく巻けないこともあり、みなさんここで四苦八苦されていました! 今年は「東北東」が方角ということで、みんなで方角を向いて願い事を思い浮かべながらとにかく無言でいただきました!! (毎年ですが、この時間は無言なのでとてもシュールな時間が流れるのも面白みの1つです!笑 ) この後、3〜4個作って食べる方もいらっしゃって、みなさんとの恵方巻きの時間を楽しむことができました! ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました! また来年も恵方巻きを一緒に巻きましょう! 余談ですが、当日用ということでコミュニティマネージャーの脇山が体を張って告知用に準備をさせてもらったのがこちらの画像です。笑

【開催レポート】HOOD図書館〜クリスマスに贈りたい絵本〜
, Report

【開催レポート】HOOD図書館〜クリスマスに贈りたい絵本〜

みなさん、こんにちは! 先日HOOD天神ではHOOD図書館〜クリスマスに贈りたい絵本〜のイベントを開催いたしました。 底冷えのように寒い中ご参加をいただいたみなさま、本当にありがとうございました。 みなさんは普段「絵本」を手に取る機会はありますか? 私たち大人は、知らず知らずのうちに「絵本=子どもの読み物」としてしまっていることがあるのではないでしょうか? 本屋さんでも必ず児童書のコーナーにある絵本を大人になって読んでみるとどうなるのか。 そんな大人の自由研究のようなイベントとしてみなさんに楽しんでいただきました。 今回「クリスマスに贈りたい絵本」を選んでくださった推薦人のみなさまはこちらのみなさま。 福岡の様々な領域でご活躍中のみなさんに選んでいただいた絵本が、当日HOOD天神にはずらりと並び圧巻の姿でした。 ●クリスマスに贈る「美しい」絵本 ●クリスマスに贈る「アガる!」絵本 ●クリスマスに贈る「さみしい」絵本 ●クリスマスに贈る「強くなれる」絵本 という観点で選書をいただいた絵本の数々にはそれぞれの思い出が込められていて、その絵本と推薦人との物語を一緒に楽しむことのできる空間になりました。 また同時に開催をした絵本を使ったワークショップでは、ワークショップデザイナーの岸智子さんのファシリテーションのもと、「絵」から想像力を膨らませながら対話を深める時間を楽しみました。 絵をじっくり見て自分の想像力を自由に働かせると、どれほど自分が「言葉」に答えを見つけようとしているかに気がつくことができます。 さらにそれを対話して深めることで、他の人とその体験を共有することができることもこのワークショップの楽しみ方の1つでした。 じっくりと絵本を楽しんだり、新しい発見を手に入れたり、懐かしい思いにふけったり、それぞれの楽しみ方で楽しんでいただくことのできるHOOD図書館イベント。 今回も多くの方にご参加をいただけてとても嬉しかったです。 またお会いできることを楽しみにしています!

Noya Village現地レポート:実りの秋をかみしめる野矢の田舎体験(大分県野矢)
, Noya Village, Report

Noya Village現地レポート:実りの秋をかみしめる野矢の田舎体験(大分県野矢)

「実りの秋」 気がつけば、夏のうだるような暑さも過ぎ、今年もあと残すところ2ヶ月というところまでやってきました。 今年の春から野矢で毎月一度開催されているNoya Supporterの田舎体験会。 今月の開催で6回目となりました!(実に半年の月日が経っていたのですね!) 今回は、6月に植えた大豆の収穫とその大豆を使った豆腐作りを体験しました。そして、お昼ご飯には、秋と言えば、、という“あの子”も登場しましたよ!まさに「実りの秋」という言葉を身を以て感じた11月の体験会。今月もレポートをお届けします。(先月のレポートはこちらから)   11月の体験会   <午前> 午前中は、まず大豆の収穫から始まります。 6月に種から植えた大豆も、4ヶ月かけてこんなに実り、大豆として収穫できるまでに育ちました。 大豆の根は、しっかりとしていて収穫するのに少し力が必要でしたが、みんなで協力しながら収穫します! そして大豆のお隣の畑では、夏にみんなで植えた冬野菜たちが、すくすくと育っていましたよ! 育てた野菜をお昼のおかずにいただくため、ひのさんと少しだけ収穫をします。     そして、午前中最後の作業は、ゴマの種からごまを取り出す作業。まさに「開け!ゴマ!」のごとく、開くと綺麗にごまが並んでいて、とても可愛らしい姿でした!   そして、待ちに待ったお昼の時間。今回のお昼は特別。今回のお昼ご飯のメインはそうです。先月、雨の中ぬかるみと闘いながらみんなで収穫をしたお米。秋の新米の時期に美味しく実ったお米を、みんなでいただくことになりました! 開けた時の湯気がまた美味しさをそそり、口に入れると甘くて本当に身悶えするほど、それはそれは美味しい新米でした。   野矢の体験会での魅力の1つであるお昼の時間ですが、その中でもみんなとこのようにコミュニケーションを取りながらいただけることも、とても幸せだと感じる時間です。 今回は特に、お米が大変な収穫だったからこそ、その時の経験を共有し、お互いに共感しながら、いただくと更に美味しさも増すものです。 <午後> そして、午後は大豆を使って豆腐作りにチャレンジです。教えてくださったのは、野矢で生活をする“やえさん”。 この野矢の地で自然とともに生活し、自給自足をするやえさんからは、本やネットでは学べない生活の知恵をたくさん教えていただけました。 こちらもたっぷり2時間、手間暇かけて作った豆腐をおやつの時間にいただきます。 最初は、そのまま。大豆の味がしっかりときいていて、「身体に栄養をいただいているんだな」と思うほど。お好みで塩やお醤油をまぶしていただきました。 今回の田舎体験を終えて 青々とした木々たちが、気がつけば赤や黄色に色づいて、肌をかすめる風もひんやりとする季節になりました。勢いよく過ぎ行く毎日だけど確実に時は過ぎていて、自然はその流れをいつも狂いなく教えてくれていることを感じた今回の体験会。 いつでもどこでも簡単に食べ物が手に入るこの時代だからこそ、手間をかけ、時間をかけて、そして自然の力を借りて食物を栽培する。そしてそれを、同じ経験をともにしたみんなといただく。その一連の体験が、とても豊かな経験のように思いました。…

【開催レポート】心機一転!新しい環境に踏み出す人が受けたいプレゼン講座とは?
, HOOD School, Report

【開催レポート】心機一転!新しい環境に踏み出す人が受けたいプレゼン講座とは?

こんにちは! 昨日シェアオフィスHOOD天神では、【HOOD SCHOOL】2時間で“伝わる”プレゼンを体験!相手の心を掴むプレゼン術講座を開催いたしました! HOOD SCHOOLは、「チャレンジする人のための小さな学び場」をコンセプトにこれまで場づくりの講座やグラフィックレコーディングの講座、貯金術講座などを開催してきました! 今回は、HOOD天神の入居者さんでもある中谷涼さんを講師にお招きし、2回目のプレゼン術講座を開催しました! (プレゼン講座の第一回目のレポートはこちらから) 今回の講座には、4名のみなさまが参加してくださいました! 中でも驚いたのは、これから新しい環境で頑張ろうとしている方のご参加が多いこと。 (なんと、1回目の講座と合わせると約半数以上が新しい環境に向かう一歩前でこの講座を受講してくれました!) 新しい環境に踏み出す方へオススメしたい2つの理由とは? よくよく考えると、中谷さんのプレゼン講座はまさに新しい環境に踏み出す方にオススメの講座だったということに気がつきました! その理由を紐解いてみたいと思います。 1.目的先行型のプレゼン術を学べる! 中谷さんの講座の最も肝となるのは「目的」。 そのプレゼンを行う「目的」を常に意識してもらいながら進めるため、どうしたら目的が達成できるのか考える時間が生まれます。 新しい環境でのチャレンジは、不安なこともあると思います。増してやその環境の中でのプレゼンの機会は、きっと緊張と不安とで何を言ったらいいのか分からなくなるということもあるのではないでしょうか? そんな時、そもそものプレゼンの目的に立ち返り「どうやったら自分のプレゼンの目的が達成できるかな?」と頭を使って考えると、創造的な時間を過ごすことができて、少し楽しくなりませんか?? 2.楽しく人に伝えるコツを学べる! どうしても緊張で堅苦しくなってしまうのが、プレゼン。そんな時にふと中谷さんの講座で学んだことを思い出すと「ふふ!」と思い出し笑いして、そういえばこんなコツを教えてもらったなと思い出すことでしょう! 本来、自分の伝えたいことを人に伝えるということは、「楽しさを共有すること」だと思います。そのコツを学ぶことができるのが中谷さんの講座。ワクワクしながら伝え、それがちゃんと「伝わる」体験をぜひしてみてください!! 2回目の中谷さんの講座から、新しい環境へ踏み出す人にオススメしたい2つの理由を紐解いてみました。 気になった方はぜひ受講してみてくださいね^ ^ 次回の日程はこちらのページでまた改めて告知いたします! <HOOD SCHOOL facebookグループ> https://www.facebook.com/groups/974572736030024/ <中谷さんのプレゼン講座はこちら> https://www.street-academy.com/myclass/39150

イベントレポート:大分でゼロから始める村づくり!プロジェクトキックオフ&説明会
, News, Noya Village, Report

イベントレポート:大分でゼロから始める村づくり!プロジェクトキックオフ&説明会

先日HOOD天神では、大分(野矢)ので固定種野菜を育てたり、地域課題の解決に取り組む日野さんとともにある1つのプロジェクトのキックオフイベントを行いました。 それは、「地域課題を発掘し、それを解決するまでをともに作り上げるプロジェクト」。 昨今では「関係人口」とよく耳にしますが、第2第3の故郷として地域を思い、地域の人と関わりながら一緒に時を過ごすこと。 そんな風に野矢という地域を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集したいと、福岡市天神にてこのプロジェクトのキックオフを行いました。 今回参加してくださったのは、20名の方々。 野矢という地域は初めて知りましたという方から、野矢で固定種が育てられていることを知っていて、お話を聞きたくて来ましたという方までいらっしゃいました。 中でも多かったのは、地域に携わることをやってみたくて参加しましたという方々。 そうやって一歩踏み出し、参加してくださった皆様に、まずは大分県野矢の地域の現状を日野さんからお話をしてもらいました。 ・鳥獣問題のこと ・固定種野菜のこと ・高齢化に伴い農業の後継者不足のこと ・空き家問題のこと など。 自然豊かでのどかな風景とは裏腹に、地域が抱える問題は奥が深いという現実に直面します。 それでも、その地域で生活をし、その地域を守ろうと精力的に活動をしている方々がいらっしゃるということも同時に学びました。 現状について把握をしたところで、野矢のお茶菓子をいただきながら、参加者同士の自己紹介やなぜ参加をしたのかというシェアタイムに。 野矢の課題を把握した後ということもあり、新しい発見を共有したり、互いの境遇に共感をし合う時間になりました。 次回の予定を確認したところで、今回は終了となりましたが、会場はそれぞれの交流で大変盛り上がりました。 今回ご参加いただいた方々の参加理由や背景は様々でしたが、あの場に足を運んでくださったことで、皆さまの中で何かが動き始めたことは間違いないことだと思います。 あの場での新しい人との出会いや、新しい発見により、新たな世界を知るきっかけになったのではないかと思います。 そうやって、私たちが行動をすれば必ず何かが動き出すということは、地域においても自分自身のことでも同じこと。 この動き始めた何かを、皆さんと一緒に共有しながら一つ一つ形にしていきたいと思ったキックオフイベントでした。 ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました! さて次回以降の予定です! ※今回のイベントに参加をしていない方も次回以降のイベントにご参加大歓迎です! 【今後の活動について】 ●10月27日(土)10:00〜15:00@野矢 →Noya Supporter(野矢の田舎&農業体験) <受付はこちらから> http://noya-village.com/…/20…/04/noya-supporter-schedule.pdf ●11月11日(日)12:00〜17:00@野矢…

「カリアゲ福岡」がスタート。設立記念イベントを開催しました!
, Report

「カリアゲ福岡」がスタート。設立記念イベントを開催しました!

近年、メディア等をとおして「空き家問題」ということばをよく聞くようになりました。 日本が抱えている少子高齢化という社会問題に加え、日本人特有の住宅に対する考え方や人口移動の変化により、特に地方には多くの空き家が存在しています。 空き家オーナーは活用方法や金銭面、空き家を放置することによる周辺地域の治安悪化など、さまざまな懸念を抱えております。 そんな空き家のマイナス要素を“可能性”と捉え、画期的な活用方法により空き家を魅力ある不動産に変えてしまおう!というサービスが「カリアゲJAPAN」です。 そしてこの度、「福岡移住計画(SDA)」はこの「カリアゲJAPAN」と連携するかたちで「カリアゲ福岡」を立ち上げました。 「カリアゲ福岡」はどういったことをやっていくのかは、先日公開したこちらの記事をご覧いただければと思います。 この「カリアゲ福岡」立ち上げを記念して、9月6日に開催したイベントには「カリアゲJAPAN」の久保暁育さん、福岡南エリアを軸に「カリアゲ福岡南」を立ち上げている太田真彦さんをゲストにお招きし、日本の空き家問題や活用方法について関心をもつ人たちとの勉強会&交流会を開催しました。 会場には不動産オーナー、行政関係者、宿泊事業者など福岡県外からもお越しいただき、業界の垣根を越えた積極的な意見交換がおこなわれておりました。 「カリアゲJAPAN」の久保暁育さんからは、改修した空き家がスナックやうどん打ち会の会場へと生まれ変わり、空き家が人々の交流の場になっていった事例や「カリアゲ福岡南」の太田真彦さんからは建築士ならではの設計事例等が話され、この会がきっかけで今まで空き家=マイナスな資産というイメージが少し変わってきたのではないかと感じています。 「福岡移住計画(SDA)」は今後もこの「カリアゲ福岡」というプラットフォームを活用しながら空き家問題の解決の一途となるよう努めていきたいと思います。また不動産に関連したイベントも毎月開催していく予定ですので、ぜひ関心のある方はお越しください。「福岡移住計画」のWebサイトやFacebookページ、シェアオフィス「HOOD天神」のWebサイトで随時情報を公開していきます。お楽しみに。

Close

お問い合わせ

Would you like to see our space before joining? Come and visit our coworking space. Please fill out the form and our manager will get back asap.