HOOD天神とは

HOOD天神とは

何かを始めるときのドキドキやワクワクを最近感じていますか?

福岡は、今いろんなメディアで取り上げられて注目されているけれど。

住みやすさとか、街と自然との絶妙な距離とかいろいろあるけれども、

福岡が、いちばん人々をワクワクさせているのは、『はじめるひと』がたくさん居て、

このまちが何かを『はじめる』予感に満ちているからではないでしょうか?

移住して人生を、はじめるひと
あたらしく会社をつくって、はじめるひと
コミュニティやまちづくりを、はじめるひと

そんなひとたちが、立場や状況を超えて、じぶんをひらいて、

つながり、対話して、学び合う場が福岡の中心地の天神にできたら、

とてもパワフルだと思いませんか?

天神どまん中の『ちいさな余白』から、わたしたちは、場づくりをはじめます。

『HOOD天神』ここからはじまる。

facebookページ
ニュース
「カリアゲ福岡」がスタート。設立記念イベントを開催しました!

「カリアゲ福岡」がスタート。設立記念イベントを開催しました!

近年、メディア等をとおして「空き家問題」ということばをよく聞くようになりました。 日本が抱えている少子高齢化という社会問題に加え、日本人特有の住宅に対する考え方や人口移動の変化により、特に地方には多くの空き家が存在しています。 空き家オーナーは活用方法や金銭面、空き家を放置することによる周辺地域の治安悪化など、さまざまな懸念を抱えております。 そんな空き家のマイナス要素を“可能性”と捉え、画期的な活用方法により空き家を魅力ある不動産に変えてしまおう!というサービスが「カリアゲJAPAN」です。 そしてこの度、「福岡移住計画(SDA)」はこの「カリアゲJAPAN」と連携するかたちで「カリアゲ福岡」を立ち上げました。 「カリアゲ福岡」はどういったことをやっていくのかは、先日公開したこちらの記事をご覧いただければと思います。 この「カリアゲ福岡」立ち上げを記念して、9月6日に開催したイベントには「カリアゲJAPAN」の久保暁育さん、福岡南エリアを軸に「カリアゲ福岡南」を立ち上げている太田真彦さんをゲストにお招きし、日本の空き家問題や活用方法について関心をもつ人たちとの勉強会&交流会を開催しました。 会場には不動産オーナー、行政関係者、宿泊事業者など福岡県外からもお越しいただき、業界の垣根を越えた積極的な意見交換がおこなわれておりました。 「カリアゲJAPAN」の久保暁育さんからは、改修した空き家がスナックやうどん打ち会の会場へと生まれ変わり、空き家が人々の交流の場になっていった事例や「カリアゲ福岡南」の太田真彦さんからは建築士ならではの設計事例等が話され、この会がきっかけで今まで空き家=マイナスな資産というイメージが少し変わってきたのではないかと感じています。 「福岡移住計画(SDA)」は今後もこの「カリアゲ福岡」というプラットフォームを活用しながら空き家問題の解決の一途となるよう努めていきたいと思います。また不動産に関連したイベントも毎月開催していく予定ですので、ぜひ関心のある方はお越しください。「福岡移住計画」のWebサイトやFacebookページ、シェアオフィス「HOOD天神」のWebサイトで随時情報を公開していきます。お楽しみに。

Noya Village現地レポート:入居メンバーと行く夏の田舎体験(大分県野矢)

Noya Village現地レポート:入居メンバーと行く夏の田舎体験(大分県野矢)

こんにちは! HOOD天神コミュニティマネージャーの脇山です。 気がつけば、8月も最終週に入り猛烈な暑さが続いた今年の夏も終わりが近づいてきました。 今月もNoya Villageの田舎&農業体験に参加してきました! (先月のレポートはこちら) 今回は、このプロジェクトに共感をしてくれたHOOD天神の入居メンバーと一緒に行ってきました。 その様子を少しだけご紹介しようと思います。 8月の農業&田舎体験は 今月は、冬野菜の種まき・森林浴・昆虫探しを体験。 当日集合をすると、まずは農業体験からスタートです! 今回は冬野菜の大根や白菜などの種まき。まずはその使い方を達人のお二人(いえさん、きよこさん)に鍬(クワ)の使い方をレクチャーしてもらうことに。…

【開催レポート】“成果にこだわりたい”ビジネスパーソンが、今改めて見直したいプレゼンテーションのポイントとは?

【開催レポート】“成果にこだわりたい”ビジネスパーソンが、今改めて見直したいプレゼンテーションのポイントとは?

ビジネスパーソンの多くが避けて通れない「プレゼンテーション」。 社会人経験が長くなればなるほど、プレゼンテーションの機会も増えるけれど、いつも決まった形式になってしまって、結果に結びつかない。 という経験はありませんか? 社会人になりたての時は、会社で用意されていた研修でプレゼンテーションを学ぶこともあったけれど、今となっては「自己流プレゼン」で突き通している。なんてこともあるのではないでしょうか? 今回は「結果に残すプレゼンテーションをしたい」という前向き、かつ野心家なビジネスパーソン向けに、「プレゼンテーション講座」を行いました! この記事では、当日の講座の様子をお伝えしながら、伝わるプレゼンテーションのポイントをご紹介します。 次のプレゼンテーションを見直すためのポイントとして参考にしてもらえると幸いです! 豊富な事例と学ぶプレゼンテーション講座 今回、プレゼンテーションをユーモアたっぷり教えてくれたのは、中谷涼さん。 実は、中谷さんはシェアオフィスHOOD天神を利用している入居メンバーでもあります。 (HOOD天神で行われている入居者ランチの時の様子) 中谷さんは、人材育成支援や自治体/官公庁向け研修を展開する株式会社インソースにて、九州支社の責任者として立ち上げに携わりながら、自身でも述べ600回以上の研修を行う実績をお持ちです。…

イベントレポート:Noya VIllage 種のお話し会 〜夏〜

イベントレポート:Noya VIllage 種のお話し会 〜夏〜

固定種野菜を広めようと活動しているNoya Villageの「種のお話し会」2回目(夏編)を、8月7日に開催いたしました。 今回はそのレポートと、8月9月の今後のイベントについてお知らせいたします。湯布院「亀の井別荘」にてNoya Villageの固定種野菜を亀の井別荘料理長が料理するランチイベントも予定しています! 種のお話し 今回参加いただいた方たちは、食に関心があったり、種子法や九重という地域に興味があったりと、様々でした。1回目から続けて参加された方も。 Noya Villageのひのさんが農業をする大分県九重町野矢は、湯布院駅の隣駅にあります。野矢で暮らす70代や80代のおばあさんたちにひのさんたちが話をきくと、戦後は種を採ってまたまくのがあたりまえの自給自足の暮らしだったそうです(現在は多くの農家が毎年種を買っているそう)。Noya Villageでは、こうして食の自給自足をとりもどそうと固定種野菜を守り広める活動をしています。 今回は種の流通についても解説がありました。これまで食糧の安定供給のために種子法というものがあり、米などの主要な食糧の種子を守ることが都道府県に義務付けられていたのだそうです。しかし種子法が廃止されたことによって民間が種の流通に参加しやすくなることで、農家が種を購入する価格が上昇すると予想されているといいます。 さらに、ひのさんが野矢で農業を続けていく中で、地域の農家が高齢化のため減少しているそうです。亡くなったり、野菜を作らなくなったりして、生産をする担い手が少なくなっているのです。そして気象状況も数年で変わってきたといいいます。夏には夕立も無く雨が少ない、冬には霜が早くおりるなど、野菜が育ちにくくなっています。そのため、野菜価格が高騰することが多くなってきました。 こうした背景から、ひのさんは「食べ物を買うだけの時代は、もしかして長く続かないのでは?」「今は目の前にたくさんの食べ物があっても、将来もし種が手に入らないようになったら作れなくなるのでは?」といった問題意識が強くなりました。なんでもすぐに手に入る時代だけど、食べるものを自分で作れないというのは生物としていのちが危険な状態だと感じる。それならば、つくる力を身につけられるようにしたい!と考えて、都市部で暮らすひとにも「食べ物は、自分の種で、自分でつくれる」と伝えようとしています。…

NoyaVillage現地イベントレポート〜田舎体験が教えてくれた3つのこと〜

NoyaVillage現地イベントレポート〜田舎体験が教えてくれた3つのこと〜

今年の夏は全国的に身体にこたえる程の猛暑が続いていますね。 身を案じて、外での活動を控える方も多いのではないでしょうか。 そんな中、今月もNoyaVillageで毎月開催している農業&田舎体験に参加してきました。(先月のレポートはこちら) 今月は、大豆土寄せ・野菜収穫竹とのこぎり体験。 この記事では、現地でのレポートともに、「田舎体験が教えてくれた3つのこと」をご紹介したいと思います。 都市に住んでいるとなかなか体験できない農業や田舎での体験。 そこには、今だから知りたい生きるためのヒントが隠されていました。 今回(7月)のNoyaSupporter体験の内容は <午前中> まずは里山にある竹林に行き、竹を伐採するところからスタートします。 今回竹の伐採や器の小道具作りを教えてくださったのは、竹細工職人の中村さとみさん 手がける竹細工は、竹のハンガーや竹のスプーンなどとても美しい作品ばかり。…

【開催レポート】見てワクワク!見せて伝わる!ノートを開くたび楽しい記録の残しかた

【開催レポート】見てワクワク!見せて伝わる!ノートを開くたび楽しい記録の残しかた

会議のメモや議事録、日々の仕事で考えたことや聞いたことなど。大人になってもメモをとる機会は意外と多いもの。 文字が連なるノートを開いては、なんだかがっかりすることもあるのではないでしょうか。 殊に、会議の議事録や仕事上で使うメモとなると、どうしても「正しい情報を残さなければ!」と緊張してしまうせいか、堅苦しい表現になっていたり、話し合いの結果だけをメモしてしまったりと、無機質なメモになってしまいがちです。 そんな堅苦しい記録の方法をワクワクしたものに変える方法があります。 今回、HOOD SCHOOLでは、そんなちょっと憂鬱な記録を楽しい記録へ変えるヒントを伝える講座を行いました! この記事では、当日の講座の様子をお伝えしながら、そんなグラフィック・レコーディングのポイントをご紹介しながら、楽しい記録を実現するためのヒントをお伝えします。 明日からの記録やメモにちょっと使えるアイディアが見つかるかもしれません。 ノートのとり方、会議の記録が変わる!?グラフィック・レコーディング講座 グラフィック・レコーディングとは 新しい記録の手法で、会議や議論の内容を記号やイラストを使って図解化、可視化していくものです。 カラフルな色のペンや、イラスト、記号などを用いて記すため、出来上がりを見てもなんだかワクワクしますよね。…

ニュース一覧
イベント情報
2018年9月19日

7:15 PM – 8:45 PM

【ストアカ講座】CAコーチと学ぶ!第一印象がよくなる伝え方講座

詳しく見る
2018年9月15日

10:30 AM – 12:30 PM

【ストアカ講座】ゼロからはじめるワイン基礎講座〜赤ワイン〜

詳しく見る
2018年9月2日

10:30 AM – 12:00 PM

【ストアカ講座】トヨタ式 問題解決&目標達成技術 〜導入&実践編〜

詳しく見る
2018年8月22日

7:30 PM – 9:30 PM

【HOOD SCHOOL】無理なく年間100万円貯金!誰でも90分で貯金体質に変わる講座

詳しく見る
2018年7月25日

7:30 PM – 9:30 PM

【HOOD SCHOOL】ノートのとり方、会議の記録が変わる!?グラフィック・レコーディング講座

詳しく見る
イベント情報をもっと見る
施設設備

高速wifi

プロジェクター

イベントスペース

ミーティングスペース

カフェ

ロッカールーム

郵便物サービス

山小屋デザイン

ちいさいけれどワクワクする。
アクロス山の向かいにある、
半地下のツリーハウスみたいな『場』!?

契約プラン

有料会員

¥ 15,000 /月 * フリーアドレスをご利用いただけます

入会金・事務手数料 10,000円(税別)

郵便受け取りサービス(宅配物は各自受取りとなります)

法人登記 15,000円(初回のみ)

専用ロッカーオプション 2,000円/月

有料会員申込み

無料会員

free / * イベント等の参加のための無料会員

-

無料会員申込み

アクセス

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目15−5
天神明治通りビル アクロス福岡正面、
水鏡天満宮のすぐお隣。

営業時間 10:00〜19:00(月〜金)
※上記以外の時間帯はイベント等で利用しております。

Email:
info@hood-tenjin.com

Close

お問い合わせ

Would you like to see our space before joining? Come and visit our coworking space. Please fill out the form and our manager will get back asap.

Close

Order form

Please fill out the form and our manager will get back asap.