Category: News

HOODの日常をお届けするブログをスタートします!
, HOOD Blog, News

HOODの日常をお届けするブログをスタートします!

みなさま、初めまして! (初めましてではない方も、初めまして!) HOOD天神のコミュニティマネージャーをしております脇山と申します! HOOD天神は、シェアオフィス&コミュニティスペースとして運営しているのですが、 普段の様子はどんな感じなの?とか、どんな人がいるの? という質問をいただくことも多かったので、 HOOD天神の日常のいろいろをお伝えすべく、、、 コミュニティマネージャー(スペースの管理人&案内人)による ブログをスタートすることになりました! 毎月1日&15日に更新する予定なので、 よかったらブログにもお立ち寄りください^ ^ さてさて、初回の今日は、昨日がハロウィンだったので、 昨日の様子を少しだけご紹介します! 街中が仮装で盛り上がる中、 シェアオフィスHOOD天神には、なんと ハロウィンバースデーの入居者メンバーが2名もいらっしゃって! ちょこっとですがお祝いをさせていただきましたよ♩ HOOD天神に入居してくださっているハプティックのスタッフさん。 (ハプティックさんは、おしゃれ賃貸サイト「goodroom」 を運営されています!) 昨日のHOOD天神には、ハロウィンということもあり カウンターにはたくさんのお菓子がずらりと並んでいたので、 お菓子とプチケーキでお祝いを! 実は、もう1名昨日が誕生日のメンバーがいらっしゃって、 facebookグループでおめでとうを言い合ったりなんかしてました! HOOD天神は、こじんまりとしたスペースということもあり、 入居者さん同士の距離が比較的近いのも特徴ですね。 仕事でいっぱいいっぱいになったら、コーヒーを飲んで 少し話して、お菓子食べて笑、、また集中する! という光景も。 そんな天神の小さなシェアオフィスです! これからこのHOOD天神のいろんな一面をこのブログで…

イベントレポート:大分でゼロから始める村づくり!プロジェクトキックオフ&説明会
, News, Noya Village, Report

イベントレポート:大分でゼロから始める村づくり!プロジェクトキックオフ&説明会

先日HOOD天神では、大分(野矢)ので固定種野菜を育てたり、地域課題の解決に取り組む日野さんとともにある1つのプロジェクトのキックオフイベントを行いました。 それは、「地域課題を発掘し、それを解決するまでをともに作り上げるプロジェクト」。 昨今では「関係人口」とよく耳にしますが、第2第3の故郷として地域を思い、地域の人と関わりながら一緒に時を過ごすこと。 そんな風に野矢という地域を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集したいと、福岡市天神にてこのプロジェクトのキックオフを行いました。 今回参加してくださったのは、20名の方々。 野矢という地域は初めて知りましたという方から、野矢で固定種が育てられていることを知っていて、お話を聞きたくて来ましたという方までいらっしゃいました。 中でも多かったのは、地域に携わることをやってみたくて参加しましたという方々。 そうやって一歩踏み出し、参加してくださった皆様に、まずは大分県野矢の地域の現状を日野さんからお話をしてもらいました。 ・鳥獣問題のこと ・固定種野菜のこと ・高齢化に伴い農業の後継者不足のこと ・空き家問題のこと など。 自然豊かでのどかな風景とは裏腹に、地域が抱える問題は奥が深いという現実に直面します。 それでも、その地域で生活をし、その地域を守ろうと精力的に活動をしている方々がいらっしゃるということも同時に学びました。 現状について把握をしたところで、野矢のお茶菓子をいただきながら、参加者同士の自己紹介やなぜ参加をしたのかというシェアタイムに。 野矢の課題を把握した後ということもあり、新しい発見を共有したり、互いの境遇に共感をし合う時間になりました。 次回の予定を確認したところで、今回は終了となりましたが、会場はそれぞれの交流で大変盛り上がりました。 今回ご参加いただいた方々の参加理由や背景は様々でしたが、あの場に足を運んでくださったことで、皆さまの中で何かが動き始めたことは間違いないことだと思います。 あの場での新しい人との出会いや、新しい発見により、新たな世界を知るきっかけになったのではないかと思います。 そうやって、私たちが行動をすれば必ず何かが動き出すということは、地域においても自分自身のことでも同じこと。 この動き始めた何かを、皆さんと一緒に共有しながら一つ一つ形にしていきたいと思ったキックオフイベントでした。 ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました! さて次回以降の予定です! ※今回のイベントに参加をしていない方も次回以降のイベントにご参加大歓迎です! 【今後の活動について】 ●10月27日(土)10:00〜15:00@野矢 →Noya Supporter(野矢の田舎&農業体験) <受付はこちらから> http://noya-village.com/…/20…/04/noya-supporter-schedule.pdf ●11月11日(日)12:00〜17:00@野矢…

Noya Village現地レポート:味覚の秋を体感する野矢の田舎体験(大分県野矢)
, News, Noya Village

Noya Village現地レポート:味覚の秋を体感する野矢の田舎体験(大分県野矢)

こんにちは!HOOD天神コミュニティマネージャーの脇山です。 「今年の夏は暑かったですね〜」と今年何度言ったのだろうと思うくらい本当に厳しい暑さでしたが、最近は少しずつ秋の気配を感じるようになりましたね。 今月もNoya Villageの田舎&農業体験に参加してきました。 (先月のレポートはこちら) 猛暑の8月とは打って変わり、9月の季節を感じることになった今回の田舎体験を少しだけご紹介しようと思います。 9月の農業&田舎体験は 今月は稲刈り・種まき・お月見 の体験。 当日は、あいにくの雨でしたが今回は15名という大人数での体験会となりました! まずは、春に田植えをした田んぼの稲を刈る稲刈りからスタートです。 数日間続く雨により、土がぬかるみ田植えの時と同じくらい水気があり足を取られながらの稲刈りでした! ぬかるんだ田んぼの中では、思うように身体を動かせず15名という人数を持ってしても作業の時間がかかってしまいました。 それほど、自然とともに生きるということは難しくも尊いことなのだと感じる時間でした。 そんなちょっとした筋トレのような(笑)稲刈りを終えると、お待ちかねの食事の時間です。 (毎度のことながら、食事の時間は参加者のみなさんとワイワイとコミュニケーションを取りながら、一緒に準備する時間が貴重でとても楽しい時間です。今回もみんなで装いながら美味しい食事をいただきました。) 午後は、梨農家の後藤さんのお家にて栗拾い。 後藤さんが作る美味しい梨をいただいてからすっかり元気になったところで、そこかしこに落ちる栗を割って、中から栗を拾います! 「栗ってこんな風に入っているんだ!」「こうやって栗は取り出せるんだ!」という新しい気づきもみんなとシェアしながら、雨の中ではありましたが楽しむことができました。 たくさんの栗を拾い終わったら、以前植えた大豆の様子をみに畑へ。 こんなに青々と枝豆ができていました! 中秋の名月前夜ということで、今回のおやつの時間は少し特別。 収穫した枝豆と同じく大豆から作るきな粉をまぶしたお団子、ニラと玉ねぎのチジミなど。これまた、参加メンバーと一緒に作りながらその時間を楽しむことができました。 (みんなで大豆を潰す作業を協力いて行いました!) そしてできたお団子がこちら↓ 自然の恵に感謝すること 普段当たり前にある食も、全ては自然の恵よって私たちにもたらされているもの。 便利すぎる世の中だからこそ、目の前にあるものには最大限の感謝をしていただくということを体で味わった秋の野矢体験会でした! 10月の農業&田舎体験は 日程:10月21日(水)・25日(土) 大豆の収穫・ 栗拾い・豆腐作り…

Noya Village現地レポート:入居メンバーと行く夏の田舎体験(大分県野矢)
, News, Noya Village

Noya Village現地レポート:入居メンバーと行く夏の田舎体験(大分県野矢)

こんにちは! HOOD天神コミュニティマネージャーの脇山です。 気がつけば、8月も最終週に入り猛烈な暑さが続いた今年の夏も終わりが近づいてきました。 今月もNoya Villageの田舎&農業体験に参加してきました! (先月のレポートはこちら) 今回は、このプロジェクトに共感をしてくれたHOOD天神の入居メンバーと一緒に行ってきました。 その様子を少しだけご紹介しようと思います。 8月の農業&田舎体験は 今月は、冬野菜の種まき・森林浴・昆虫探しを体験。 当日集合をすると、まずは農業体験からスタートです! 今回は冬野菜の大根や白菜などの種まき。まずはその使い方を達人のお二人(いえさん、きよこさん)に鍬(クワ)の使い方をレクチャーしてもらうことに。 (とても軽々と鍬を操り、どんどんと土寄せを進めるきよこさん) あまりにも達人であるお二人がサクサクと作業をされるので、簡単なのかも・・と思って鍬を握っていざやってみると、、鍬が上手に刺さらなかったり、思うように動かなかったりと四苦八苦。 それでも、達人のお二人にレクチャーしていただきながら、なんとか土寄せを進めました。 土寄せが終わったら、土に埋まる草をとり、土をならしてから、種を蒔きます。 全ての種を蒔き終えて、自分の蒔いた種に名前を描いて、畝に添えました。 冬、収穫するのが楽しみに! ちなみに、、6月の農業&田舎体験で蒔いた大豆の種はすくすくと育ち、すでに実がこんなにも大きくなっていました!! (青々とした大豆の畝) (あと2週間ほどで枝豆として食べれるようになるそう) 午前中の畑仕事を終え、戻るとお昼ご飯の時間に! 今回もとっても美味しそうな食事をひのさんが作ってくださいました! (まだまだ暑い夏には、体の熱をとる夏野菜をふんだんに使った食事を) (こちらも6月に仕込んだ梅干し。まだ少しすっぱいけれどその酸っぱさが疲れた身体にはたまりませんでした) 美味しい食事のあとは、 里山へ昆虫探しに! (豊かな緑と美味しい空気に自然と笑顔になるHOOD天神の入居者さん) (昆虫にとても詳しいプロに案内をしてもらい、樹液の匂いを嗅ぎつけて木をのぞいてみると・・・) (こんなに大きなカブトムシがいました!) おそらく子どもの頃ぶりではないかと思う昆虫探しに、大の大人の私たちも大興奮! 五感を使って、とても貴重な夏の体験をすることができました。…

【開催レポート】“成果にこだわりたい”ビジネスパーソンが、今改めて見直したいプレゼンテーションのポイントとは?
, HOOD School, News

【開催レポート】“成果にこだわりたい”ビジネスパーソンが、今改めて見直したいプレゼンテーションのポイントとは?

ビジネスパーソンの多くが避けて通れない「プレゼンテーション」。 社会人経験が長くなればなるほど、プレゼンテーションの機会も増えるけれど、いつも決まった形式になってしまって、結果に結びつかない。 という経験はありませんか? 社会人になりたての時は、会社で用意されていた研修でプレゼンテーションを学ぶこともあったけれど、今となっては「自己流プレゼン」で突き通している。なんてこともあるのではないでしょうか? 今回は「結果に残すプレゼンテーションをしたい」という前向き、かつ野心家なビジネスパーソン向けに、「プレゼンテーション講座」を行いました! この記事では、当日の講座の様子をお伝えしながら、伝わるプレゼンテーションのポイントをご紹介します。 次のプレゼンテーションを見直すためのポイントとして参考にしてもらえると幸いです! 豊富な事例と学ぶプレゼンテーション講座 今回、プレゼンテーションをユーモアたっぷり教えてくれたのは、中谷涼さん。 実は、中谷さんはシェアオフィスHOOD天神を利用している入居メンバーでもあります。 (HOOD天神で行われている入居者ランチの時の様子) 中谷さんは、人材育成支援や自治体/官公庁向け研修を展開する株式会社インソースにて、九州支社の責任者として立ち上げに携わりながら、自身でも述べ600回以上の研修を行う実績をお持ちです。 その後、転職をした保険代理店での経験と圧倒的な研修の実績をもとに、現在は人材コンサルティングやフィナンシャルプランナーとしても活躍。 今回の講座では、プレゼンテーションの本質を捉えながら、楽しく学んで欲しいということで、ユニークな事例やユーモアたっぷりのたとえ話を交えながら、教えてくださいました!(時に寸劇が飛び出すシーンも!) 講座で教えてもらったプレゼンテーションのポイントを少しだけご紹介したいと思います。 テレビショッピングから学ぶプレゼン術 今となっては、当たり前のように使う「プレゼンテーション」は、そもそも情報を相手に伝えるための情報伝達の一つの手段のこと。 つまり、プレゼンは手段の1つで、あらゆる手段には必ず「目的(=ゴール)」が存在すると中谷さんは言います。 思えば、常に「相手に〇〇してほしい」と行動することをゴールに想定していますよね。 成果を出すためのプレゼンテーションをするためには、 【ポイント①】 “誰に” “どうして欲しい” という目的を決める ことからスタート。 今回の講座中に登場したのは、某テレビショッピングの事例。 (ちなみに講座中には、本当に多くのユニークな事例が飛び出し、とても分かりやすく解説をしてくれました!) テレビショッピングは、「テレビショッピングを見ている人」が「その場で電話をすること」がゴールなのだそう。 決して「注文をすること」がゴールではないからこそ、「電話をさせる」仕掛けがあるようです。 そして、見ている人を想定して同じ内容でも「表現」や「発信時間」についても工夫しているのだとか。 身近な会話から学ぶプレゼン術 自分が伝えたい内容を相手に伝えるためには、【伝える内容】【伝える技術】【伝える手段】の3つがポイント。 そして、この3つに共通して重要なのが 【ポイント②】…

NoyaVillage現地イベントレポート〜田舎体験が教えてくれた3つのこと〜
, News, Noya Village

NoyaVillage現地イベントレポート〜田舎体験が教えてくれた3つのこと〜

今年の夏は全国的に身体にこたえる程の猛暑が続いていますね。 身を案じて、外での活動を控える方も多いのではないでしょうか。 そんな中、今月もNoyaVillageで毎月開催している農業&田舎体験に参加してきました。(先月のレポートはこちら) 今月は、大豆土寄せ・野菜収穫竹とのこぎり体験。 この記事では、現地でのレポートともに、「田舎体験が教えてくれた3つのこと」をご紹介したいと思います。 都市に住んでいるとなかなか体験できない農業や田舎での体験。 そこには、今だから知りたい生きるためのヒントが隠されていました。 今回(7月)のNoyaSupporter体験の内容は <午前中> まずは里山にある竹林に行き、竹を伐採するところからスタートします。 今回竹の伐採や器の小道具作りを教えてくださったのは、竹細工職人の中村さとみさん 手がける竹細工は、竹のハンガーや竹のスプーンなどとても美しい作品ばかり。 「竹と木のしごと」という屋号で活動されており、その活動はNHK「美の壺」でも紹介されるほど。 そんな中村さんとともに竹林へ向かい、竹を実際に伐採するところから今回の体験が始まりました。 竹は上部の方でいくつもの竹同士で絡み合っているため、下部をのこぎりで切ったとしてもすぐに倒れることはないのだそう。 竹もお互いに支え合いながら生きているような気がして、神秘的な気持ちになりますね。 参加者さん同士で協力し合って、竹を切りトラックまで運びます。 トラックで運んで戻ってからは、伐採した竹をさらに小さくカットし、今日のお昼ご飯に使う器を作ります。お味噌汁用のお椀、ご飯とおかず用のお皿、お箸。さらにはご飯を炊く炊飯器までも。 講師の中村さんは、竹の炊飯器でご飯を炊いているので、ここ最近通常の炊飯器を使っていないそう。 「竹が一本あれば、なんでも作れてしまうんですよ」と次々に竹を切ってくださいました。 切った竹で参加者のみなさんと一緒に、お箸用に竹を削ったり、炊飯器用に竹をカットしたり、手仕事の時間を楽しみました。 <お昼ごはん> 手仕事の時間を楽しんだ後は、お待ちかねのお昼ごはんの時間です。 今回も、日野さんお手製の固定種野菜をふんだんに使ったおかずと竹の炊飯器で作った白ごはん。 「今日は暑いし、炎天下の中で身体を使ったから、身体を冷ますために夏野菜の茄子やトマト、きゅうりを使ってみましたよ!」 日野さんの言葉に、そうやって自然の恵の力を借りながら、私たちは生きているんだと改めて思います。 夏の固定種野菜もとても味が濃く、疲れた身体に野菜のエネルギーがどんどん入っていくのを感じました。 食事の途中で、美味しいトマトを見つけた参加者さんとともに、トマトの種取りも。 <午後> 美味しい食事を終えて、エネルギーを充電したところで午後は畑へ出かけて、先月植えた大豆の苗に土寄せをしました。 苗が倒れないように、そして雑草に必要な栄養や太陽の光を取られないように、行う土寄せ。 太陽の元で身体を動かし、たくさん汗をかき、今回の農業&田舎体験は終了しました。…

【開催レポート】見てワクワク!見せて伝わる!ノートを開くたび楽しい記録の残しかた
, HOOD School, News, Report

【開催レポート】見てワクワク!見せて伝わる!ノートを開くたび楽しい記録の残しかた

会議のメモや議事録、日々の仕事で考えたことや聞いたことなど。大人になってもメモをとる機会は意外と多いもの。 文字が連なるノートを開いては、なんだかがっかりすることもあるのではないでしょうか。 殊に、会議の議事録や仕事上で使うメモとなると、どうしても「正しい情報を残さなければ!」と緊張してしまうせいか、堅苦しい表現になっていたり、話し合いの結果だけをメモしてしまったりと、無機質なメモになってしまいがちです。 そんな堅苦しい記録の方法をワクワクしたものに変える方法があります。 今回、HOOD SCHOOLでは、そんなちょっと憂鬱な記録を楽しい記録へ変えるヒントを伝える講座を行いました! この記事では、当日の講座の様子をお伝えしながら、そんなグラフィック・レコーディングのポイントをご紹介しながら、楽しい記録を実現するためのヒントをお伝えします。 明日からの記録やメモにちょっと使えるアイディアが見つかるかもしれません。 ノートのとり方、会議の記録が変わる!?グラフィック・レコーディング講座 グラフィック・レコーディングとは 新しい記録の手法で、会議や議論の内容を記号やイラストを使って図解化、可視化していくものです。 カラフルな色のペンや、イラスト、記号などを用いて記すため、出来上がりを見てもなんだかワクワクしますよね。 (▲HOOD天神2周年パーティーの際に、講師が描いたグラフィック・レコーディングの議事録) 議論やミーティングの結論だけメモをとる議事録とは違い、そこでどんな話し合いが繰り広げられたか、どうやってで合意形成が行われたのか、その過程にも注目しながら記録をしていくから、後から見ても楽しめて、他の人に見せるにもとても分かりやすくなるんだとか。 無機質なノートがこのように華やかになると、会議や議論の場も楽しめるかもしれません。 楽しい記録を楽しく教えてくれた講師はこちら 今回、そんな楽しい記録の仕方を誰よりも楽しく教えてくれたのは、ワークショップコーディネーターとして活躍されている岸智子さん。 HOOD SCHOOLでは以前に、「イノベーションが生まれる対話の場作り講座」を開催していただきました。 今回の講座では、「正しい記録よりも楽しい記録を」という想いのもと、8名という少人数制でそれぞれに意見交換できる距離感で楽しくグラフィック・レコーディングを教えてくださいました。 一見すると、なんとなく難しそうに見えるグラフィック・レコーディング。 それでも、「絵や文字の上手い下手はまったく関係ない!漢字が出てこないのも愛嬌、カタカナやひらがなで書いちゃえばOK!です!」とのこと。 講座で公開したグラフィック・レコーディングのポイントを少しだけご紹介したいと思います。 グラフィック・レコーディングのポイントをご紹介します グラフィック・レコーディングは、とにかく楽しんで記録することが大前提。 そんな中でもちょっと上手に仕上げるポイントを教えてもらいました! 1.使用する色を3色に絞ってみる もちろん、色んな色を使って鮮やかに仕上げることも良し。でも、なんとなく散らかってるように感じたら、使用する色を3色に絞ってみてください。きっとすっきりして見えるはず。 そんな中でも岸さんおすすめの色は、ズバリ"黄色"。 ちょっとしたポイントと表現するために黄色の線を引いたり、中抜きした文字を黄色で塗ってみたり。主張しすぎない黄色がさし色になって、見た目も見やすくなるのだとか。 2.記号や顔文字を使ってみる 「絵が苦手」という人でもチャレンジしやすいのが、○△×という記号。…

Noya VIllage 種のお話し会 〜夏〜(「高級旅館 艸月sougetsu」のプチ試食付き)
, News, Noya Village

Noya VIllage 種のお話し会 〜夏〜(「高級旅館 艸月sougetsu」のプチ試食付き)

固定種野菜を育て、種を残す活動を行う 大分県九重町Noya Villageより、 種の魅力を伝える「種のお話し会」の 第二回目を開催いたします! このお話し会は、 春夏秋冬シリーズで開催しており、 第二回目となる今回は「夏版」での開催です! 固定種の夏野菜に触れて、 味わって五感を使いながら 種を知るお話し会を予定しています。 <内容> ・固定種野菜とは?(振り返り) ・夏が旬の野菜知っていますか? (旬の採れたて夏野菜勢揃い。 形も色も違うナス、熟れトマト、 イタイタ胡瓜 etc…) ・なぜ、夏にこの野菜を食べるの?からだとの相性について (「高級旅館 艸月sougetsu」のプチ試食つき) ・あなたもできる!トマト、かぼちゃの種採り体験(実習) \\特別体験!// ●固定種の夏野菜を試食してみましょう● 今回は固定種の夏野菜をみなさんに 身近に体験していただきたいので、 「高級旅館 艸月sougetsu」 (http://www.sougetsu.jp) のプチ試食をご用意します。 もしかしたら初めて見る夏野菜に出会えたり、 想定外の種のかたちを知ることができたり、…

2018年お盆の営業について
, News

2018年お盆の営業について

平素より HOOD天神 及び+Wanderをご利用いただき、ありがとうございます。 2018年お盆の営業に関しましてお知らせ致します。 ■8月13日(月) 〜 8月15日(水)の期間中はお休みとなります。 ・オフィス会員につきましては通常通りご利用可頂けます。 ・ご見学につきましてはお休みとさせて頂きます。 ※お問い合わせ※ (TO:info@hood-tenjin.com) 期間中は営業休止となりますためお返事が遅れる場合がございます。 ご迷惑お掛けしますが、ご了承頂きますようお願い申し上げます。 その他の各拠点の営業についてはこちらをご確認ください。 the Association(東京下北沢) SALT(福岡市西区今宿) Mekuruto(福岡久留米市)

たねの映画上映&お話会レポート:『種をつぐ人びと』@HOOD天神
, News, Noya Village

たねの映画上映&お話会レポート:『種をつぐ人びと』@HOOD天神

九州も梅雨明けが発表され、本格的な夏がやってきました。 Noya Villageは、朝晩は涼しいようですが日中は夏らしい天気が続いているようです。 そんなNoya Villageでの7月の体験は7月21日と25日です。 Noya Supporterの申し込みはこちら。 先日、HOOD天神にて「たねの映画上映&お話会」を開催しました。 「種をつぐ人びと」 多くの種の権利を保有する巨大企業に対して、その種の主権は自分たちにあると有機の種農家が訴える姿を映したこの映画は、2015年にも国際有機農業映画祭で上映された映画です。 当日は、まずNoya Villageの日野さんから ・現在の「種苗」の現状 ・世界的な種の問題 をお話いただきました。 映画を上映する前には、種のことやその種を取り巻く現状を知り、まずは映画を見る準備を整えました。 映画上映中は、約80分間の上映中本当にみなさんが真剣に鑑賞されている姿が印象的でした。 長時間の映画上映でしたが、映画上映あとの質疑応答タイムでは、映画を見た感想や種に対するそれぞれのご意見が多く飛び交いました。 「どんな野菜から育てるのが育てやすいですか?」 「どこで固定種野菜は買えますか?」 などそのくな意見が飛び交う中、多くの熱い思いを添えたご意見もいただき、日野さんからの回答にも熱が入ります。 今回の上映会&たねのお話会は、固定種のことを初めて知った方ももともと種の知識をお持ちの方もご参加いただきましたが、大変熱量の高い会になり、みなさんと一緒に種について考える時間をともにすることができて、本当によかったと思いました。 ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。   【種のこと】 一体、種は誰のものなのか? 映画でも強く訴えられたこの問いは、私たちが今後考えていかなければならない問題かもしれません。 欧米の国々の子どもの中には、現代の食習慣ゆえに目の前にある食べ物がどこからきているのか、どうやってできているのか知らない子どももいるのだと言います。 「より便利に」「より安く」を追求する日本でも同じことが起こりうる、もしくはすでに起きていることかもしれません。 あらゆる食べ物が、種から生まれ、実になり、私たちがよく見る野菜や果物として成長します。その過程を直に見ることはおろか、想像することさえ、今の私たちの生活の中ではなかなかないことかもしれません。しかし、確実に私たちは種から生まれた植物を食することで、多くの栄養を得て日々生きています。 種を守ることは私たちの食生活を守ること、ひいては私たち自身の命を守ることだからこそ、より身近に種を感じ、今後の未来も考えていきたいものです。  …

Close

お問い合わせ

Would you like to see our space before joining? Come and visit our coworking space. Please fill out the form and our manager will get back asap.