Category: HOOD Blog

旅立ちの春~goodroomのあらたな挑戦はじまる。
, HOOD Blog

旅立ちの春~goodroomのあらたな挑戦はじまる。

こんにちは!コミュニティーマネージャーの野上です。 2019年4月、HOOD天神は4度目の春を迎えています。 「おはよう」、「いってらっしゃい」、「おかえりなさい」。そんな家族のようなやりとりが自然と交わされるこのシェアオフィスにオープン当初から入居してくださっていたgoodroomさんが、独自のあたらしい拠点をつくって巣立っていきました。 4月10日、HOOD天神でひらかれた3周年記念イベントでは、すでにHOOD天神を巣立った元メンバーの今、これから卒業していくメンバーの今後についてクロストークが行われました。トークに登場したのはママリボンの谷川智代子さん(写真中央左)とgoodroomの石井優香さん(写真中央右)、そしてHOOD天神コミュニティーマネージャーの脇山と運営会社の窪田です。 トークでは、会員ではなくなった今もHOOD天神のコミュニティに関わりつづける谷川さんのお話やgoodroomの社員として全国のシェアオフィスを利用してきた石井さんからみたHOOD天神のコミュニティの温かさなど、HOOD天神で過ごした日々についてくわしくおはなししてもらいました。 goodroomさんは全国でリノベ賃貸マンションを展開する不動産会社で今年上場も果たした成長企業です。現在は東京に勤務する社員の石井さんは2016年の入居当初、東京からたったひとりで福岡に転勤してきていて、新拠点の立ち上げに奮闘していました。 福岡オフィスを探していたときはシェアオフィスに入居することは考えていなかったという石井さんですが、運営会社スタッフの窪田の誘いでHOOD天神に入居して、そこからはじまったシェアオフィスメンバーとの交流は、慣れない土地で新拠点立ち上げるという大仕事に挑む石井さんにとって、つかの間の癒しとなったようです。 HOOD天神の一入居者としてスタートしたgoodroomさんも現在は10名以上のスタッフが働くまでの拠点に成長しました! もはやHOOD天神では手狭となり、福岡市中央区薬院にあらたなシェアオフィスをオープンします。(goodoffice) あたらしい拠点はHOOD天神のように、人とのつながりを大切にした、カフェのようなコワーキングスペース。この3年間、goodroomさんが続けてきた挑戦の経験を活かしつつ、それを支えるぬくもりのある場所となりそうな予感がします。 スモールスタートで始まった企業さんとともに歩んだ3年間、それが心温まるスペースの広がりに結びついたことは私たちにとっても大きな成果であり、よろこびです。そしてここで育まれた信頼関係はきっとこれからも続いていくのだと思います。 goodroomさん、3年間ありがとうございました!これからもよろしくおねがいします^^

来年も桜の季節にここで会いましょう
, HOOD Blog

来年も桜の季節にここで会いましょう

こんにちは! HOOD天神のコミュニティマネージャーの脇山です。 この間2019年を迎えたと思ったら、もうすでに新年度を迎えていて、新しい元号がついに発表。 平成でいられるのもあと少しか、、なんて思いながら先月のお花見の写真を眺めています。 みなさんは、今年お花見をしましたか? 私は、HOOD天神でのお花見が毎年の行事になっているので、HOODのランチ会以外ではお花見をするという機会がなくなりました。 今年のお花見ランチ会も SALT給食のメンバーが作ってくださるHOODランチ特別版!!! 今年は、昨年よりもバージョンアップして、最後の方になっても味が飽きないようにとグラデーションになったカップ寿司。 昨年はこうだったから今年はこう。ってどんどんリニューアルしていくってなんて素敵なんだろうって思いながら、今年も美味しくいただきました。 今年は、暖冬の影響もあり、少し早めに開花予測をされていたので3月中のお花見ということで、まだ満開まではあと少しある時期でしたが、たくさんの方(入居者さん、HOODに興味のある方)が参加してくださいました!! もちろん「初めまして」が多い空間でしたが、青空と桜の下では心も開放的になり、美味しいご飯を一緒に食べながらいろんな話をして盛り上がっている様子でした! 「また来年も参加したいです」 なんて言ってもらえるのは、とてもありがたい瞬間でした。 また来年もいい時間が過ごせるように、、思う瞬間と、もしかしたらこのメンバーに会えるのは今年が最後かもしれないという感覚と。そんななんとも言えないような気持ちで、今年のお花見ランチも終了しました! だからこそ、あえて最後のお伝えしたいです。 また、来年もこの場所で会いましょう。

組み合わせることで可能性は何倍にも広がる?HOODで炊く炊き込みごはん
, HOOD Blog

組み合わせることで可能性は何倍にも広がる?HOODで炊く炊き込みごはん

こんにちは。コミュニティマネージャーの岸です。 HOOD天神では、毎月、入居者のみなさんとランチを囲みながら、対話を楽しみ、ちょっとしたワークに興ずるランチ会を開催しています。 スタート当初は、近くで調達したお弁当を広げてわいわいと語らっていましたが、いつの頃からか、HOODにある小さな3合炊きの炊飯器で炊き込みごはんを作るようになりました。 これまでのラインナップは ・天津甘栗とベーコンの炊き込みごはん ・かぼちゃと胡桃の炊き込みごはん ・春キャベツとあさりの炊き込みごはん ・そら豆としらすの炊き込みごはん ・とうもろこしごはん ・豚キムチの炊き込みごはん などなど。   ▲春キャベツとアサリの炊き込みごはん ▲豚キムチの炊き込みごはん 毎回、この具材とこの具材を合わせたらどうなるのかな?とあれこれ想像しながら、メニューを考えています。 私は、社会人対象の講座の企画や運営、ファシリテーションなどの仕事もしているのですが、仕事柄、大人の学びや人材に育成には、並々ならぬ(笑)関心があって、ついつい日常のいろいろな出来事を、「これって何かに活かせないかな?」「これは●●に似ている!」と結び付けて考えてしまいます。 炊き込みごはんのメニューを考えながら、ふと「これって人材育成にも通じるものがあるのでは???」と思うに至りました。   例えば… ・材料の種類は少ない(具材は2種類程度、それに粉末だしとほんのちょっとのお醤油) → あれこれ欲張っちゃダメ。メインの仕事を決めたらそれをきちんと任せる   ・炊飯器に具材を入れてスイッチ押せば簡単にできるんだ!という発見 → 簡単にできるんだよ。人も決めつけて見てるんじゃない?気づいていないけど意外といいとこ(長所)があるかもよ?   ・材料は○○産などにこだわらなくても、おいしい炊き込みごはんができる → 偏差値や学校名だけで決めつけない。可能性は誰にでもあるのだ!   ・炊き上がるまでどうなるかわからない → 一度、任せたら信じて待つ。自分(上司)がやっちゃった方が早いかもしれないけど、任せることも必要。   ・お米を丁寧に研いだり、下ごしらえをしっかりやると美味しくなる…

もっと近くに、シームレスに、HOOD天神でつくるあたらしい場所。
, HOOD Blog

もっと近くに、シームレスに、HOOD天神でつくるあたらしい場所。

こんにちは!HOOD天神コミュニティマネージャーの野上です。 もうすぐ春ですねえ^^ 今年で4度目の春を迎えようとしているHOOD天神ですが、最近ではすこしユニークなイベントを開催していただけるようになりました。 1月26日にDJダイノジこと大谷ノブ彦さんによる「ダイノジ大谷ノブ彦独演会」が、そして先日2月23日にはワタナベエンターテインメント九州の芸人さん3名による大喜利ライブ「大喜利さん、こんにちは!」が開催されました。 これまで”シゴト”と”地域”に関する発信が多かったHOOD天神でお笑い系イベントがたてつづけに2本も開催されているのです。ちょっと意外ですよね?(笑) 人を笑わせることを生業とする芸人さんたちがHOOD天神でどんなライブをやってくれたのか、イベントスタッフとして立ち合った私の感想も含めてお話したいと思います。 ダイノジの大谷ノブ彦さん、じつは芸人、DJ、大学講師と、3足のわらじをはくパラレルワーカーなのです。お笑い芸人としてはもちろん、DJダイノジとして名前をご存じのかたもいらっしゃると思います。そして、大分ご出身の大谷さんは、近年では別府市にある立命館アジア太平洋大学(APU)の講師もされているそう。はじめて聞いたけど、なんかすごい。。。トークライブの冒頭からなんだかわくわくしていました。 ▲ダイノジ大谷ノブ彦さん 大谷さんのお話には九州、とくに福岡・熊本・大分への熱い思いがいっぱいつまっていました。大分での幼少・学生時代の話、福岡ですごした若手芸人時代の話、数々の苦労を重ねて生きてこられたいま、故郷大分に教育という分野で関われていること。そして、人に笑いを届ける芸人としてどんな想いで「笑い」や「しあわせ」と向き合っているか。そんな話をHOOD天神にあつまってくださったお客さんたちとまるで一対一の対話をするような距離で、熱く、深く、2時間たっぷり語ってくださいました。 そしてつい最近、2月23日に開催されたのは「大喜利さん、こんにちは!」。こちらは福岡で活躍中の春奈さん、土居上野の祥平さん、チムニーの原健太郎さんによる大喜利ライブでした。 「福岡芸能界の都市伝説を教えてください。」、「こんな山笠はいやだ。どんなの?」といった”お題”に3人の芸人さんたちが面白おかしくこたえていきます。 ▲春奈さん(ステージ左)、土居上野の祥平さん(ステージ中央)、チムニー原さん(ステージ右)による「大喜利さん、こんにちは!」 じつはこの3人が所属するワタナベエンターテインメント九州さんはHOOD天神のすぐちかくに事務所をかまえていらっしゃいます。 主催者の春奈さんによると、カフェにいくみたいに気軽に、お客さんとの距離もちかくて芸人同士が競い合うこともないゆるっとしたお笑いイベントをやってみたかったんだそうです。だから、「~グランプリ」とか「~バトル」とかじゃなく、「~こんにちは!」なんですね。春奈さんがHOOD天神の前を通りがかったときに偶然にこの場所をみつけてくださったことがきっかけで、このあたらしいスタイルのお笑いライブイベントが開かれることになったのでした。 HOOD天神にきてくれた芸人さんたちは、みなさん本当に丁寧で気さくな方々ばかりでした。そして人に笑いを届けることに常に真剣に向き合いアイデアをめぐらせていらっしゃいました。だからこそ、オフィス空間/舞台/客席という壁をとびこえてHOOD天神に足を踏み入れてくださったのだと私は感じました。 ふだんはワークスペースや学びの場としての空間をつくっているわたしとしては、お笑いライブ実施のサポートというのははじめての経験で、それこそ控室や音響設備の品質に気をつかうという芸能人のマネージャーみたいなことをさせてもらった2か月でした。 とりあえず終わってみて、HOODってこんな風にいろんな人にいろんなスタイルでつかってもらえる場所になってきたんだとしみじみと実感しています。HOODという名前は、いろんな場所を行き来する”風の人”と一つの場所をじっくり耕す”土の人”が混ざり合う”風土”を意味します。2016年の春にスタートしてから3年がたち、HOOD天神はその名前にふさわしい場所に育ってきているようです ^^

HOODと写真のカンケイ
, HOOD Blog

HOODと写真のカンケイ

こんにちは!HOOD天神のコミュニティマネージャーの脇山です! なんと気がつけば、もう2月が終わろうとしています、、! たった28日しかないとわかっていたはずなのに、恐ろしいくらい早く過ぎ去る月日にただただ圧倒されている今日この頃です。 今月も入居者のみなさんと元気に過ごしていますが、今日はHOODととは切っても切れない「写真」との関係について。 HOOD天神には、あらゆるところに写真が飾ってあります。 これまでHOODで開催をしたイベントの時の写真や、HOODの入居者さんと参加したイベントでの写真。 日常のなんてことない瞬間の写真など。 現像していないフォルダの中にはもう多分何千枚の写真が保存してあります。 ご家庭でもよくあることだと思うのですが、写真は撮ることで満足してしまって、現像をする機会ってそんなに多くないのではないでしょうか? HOOD天神でも多くの写真はそうなのですが、折に触れてできるだけ現像をするようにしています。 ネットを探せば、facebookページをひらけば多分たくさんの写真で溢れていると思いますが、それが日常の中で目に入るというのもなかなかいいものだと思います。 昨年の2周年パーティーでは本棚を写真展にして、ランダムに掲載をしたことも。 こんな風に、写真を現像して 初めてHOODにいらっしゃる方 たまにHOODにいらっしゃる方 いつもHOODで仕事をする方 とつかの間でも思い出を共有して「あの時はこうだったよね」とか「懐かしいですね〜」とかお話するのも楽しいものです! もしよかったら、ぜひHOOD天神にお越しの際は、写真にも注目してみてくださいね! 今日のブログはこのへんで! またコミュニティマネージャーが更新しますね!

南阿蘇の人たちと出会ってかんじたこと。
, HOOD Blog

南阿蘇の人たちと出会ってかんじたこと。

こんにちは!HOOD天神コミュニティーマネージャーの野上です。 少し前のことになりますが、昨年末の12月22日「南阿蘇を通して考える これからの地域と人の関係性@HOOD天神」と題したトークイベントと交流会がHOOD天神でありました。そのときに感じたことを、私はこれからずっと忘れずにいたいなと思ったのでこのブログにも書いておきたいと思います。 イベントのトークゲストは山口県萩のゲストハウスruco代表、塩満直弘さんと熊本県南阿蘇村で200年の伝統を誇る名湯「すずめの湯」を有する地獄温泉清風荘代表、河津誠さん。ファシリテーターとして、みなみあそ村観光協会事務局長、久保尭之さんが加わり、ゲストの生き方、南阿蘇村での取り組みを通して「これからの地域と人の関係性」を探っていきました。   ゲストハウスrucoの塩満直弘さん(左)と地獄温泉清風荘の河津誠さん(右) 今回のイベントに参加してくださったのは阿蘇の復興、地域づくりについてかなり関心の高い人たちばかり。北九州、日田、福岡などからあつまった参加者さんたちをトークに巻き込み、阿蘇の特産品をいただくブレイクタイムを間に挟みながら濃密な時間が流れていきました。 ファシリテーターを務めた主催の久保さんは、鹿児島出身で東京で働いていたいわば外部から南阿蘇の復興・活性化に携わる立場。そんな久保さんが今回のイベントを通していちばん伝えたかったのは、被災地や人口減少に悩む地方などリスクが高いと思われる土地で生き続ける人たちの原動力となっているのは何なのか、ということ。 みなみあそ観光協会の久保尭之さん きっかけは ”誰かのため” だったけれど、実のところは ”自分がより良く生きるため” にそうしているのだということに、参加者を交えた対話の中でみんなが気づいていきました。 ふるさとでもなく、働いているわけでもない。だけどそこには大好きな人たちがいるから大切な場所だといえる。そんな場所をみつけられたら、きっと人生はもっと豊かになりますね。 HOOD天神にいてもよく感じることですが、コワーキングスペースで一緒にはたらいている人たちは、べつに同僚でもないし、仲間というわけでもない。ましてや家族でもない。だけどHOOD天神で感じられるこの距離感と、何とも言えない「心地よさ」が私がこの場所になるべく長くいたいと思う理由です。オンとオフをきっちりわけて働く人もいます。私もかつてはそうでした。でも、こんな仕事との関係性も悪くないなと最近よく思っています。地域との関係性も本質的には同じことのような気がします。 最後に、河津さんはこう言いました。 「僕は南阿蘇がすごく好きかというと、200年の伝統を背負ってしまうし地域のリーダーでもあるし、実は結構、居ると苦しい。なぜ南阿蘇がいいと言えるかというと大好きな博多があるから。博多に来ると僕は本当に楽になれる。」 災害つづきだった2018年、この記事を読んでくださったがあなたが、職場や社会の中で、または被災地や社会的に弱い立場にいる人との関係性の中で、あなたなりにできること、あなたなりの心地よい関わり方について考えてくださったらとてもうれしいです。 2019年がはじまって早くも一か月が経とうとしています。どうか、平和な2019年となりますように。

新年あけましておめでとうございます!
, HOOD Blog, News

新年あけましておめでとうございます!

新年、あけましておめでとうございます! みなさまはどんなお正月をお過ごしでしたか? 今年のお正月休みは長い人で10日間程あったので、ゆっくりできた〜という方も多いのではないでしょうか? HOOD天神も7日から営業をスタートし、今年も元気に営業を開始できました♩ 年末にHOODで行った懇親会からあっという間に2019年がスタートし、10日がすぎるという時の速さを既に実感しています。 ちなみにHOODは、おやつの数が多いシェアオフィス第一位になれるんじゃないかと思うくらい、普段からおやつの差し入れをいただくことが多いのですが、年明けもご覧の通りの光景が広がりました!!! 各地への帰省から戻って来られたメンバーのみなさまがHOODへと差し入れをしてくださいました! いろんな地域の美味しいものが集まったのですが、実は次の日の夕方にはほぼ完食されているという勢いでした!笑 さて2019年は、元号が変わる年でもあり、福岡でいうと福ビルが閉館してしまったりと、1つの時代が終わるような出来事が起こりそうですね。 少し寂しい気もしますが、新しい未来のための大きな変化の1年とも言えます。 変化を楽しみながら、HOODも成長していけたらなと思ってます! みなさまの1年が良い変化が生まれる1年になりますように! 今年も1年どうぞよろしくお願いいたします!

手描きのススメ~手描きで思いを伝えてみませんか?
, HOOD Blog

手描きのススメ~手描きで思いを伝えてみませんか?

みなさま、こんにちは。HOOD天神のコミュニティマネジャーをしております岸です。 私は主にランチ会などのイベントを中心にHOOD天神の運営をサポートしています。   HOOD天神には、入居者のみなさんからの差し入れを囲んでのおやつタイムがあったり、 楽しい語らいの場があったりといろいろな特長がありますが、 もうひとつステキなことがあります。   それは、HOOD天神には手描きがあふれていること。   例えば、入り口の案内板…   例えば、おやつタイムのお知らせ…   例えば、こんなお知らせも…   私は普段、グラフィックレコーディングという文字だけではなく絵や図や色を使って記録する手法を使って描いたり、ワークショップを行ったりしているのですが、 みなさんが必ず「手描きっていいですね」とおっしゃいます。 そして、みなさん、「自分でも描いてみたいです。」と続けられます。   そう、手描きって人の心をぐっと温かくして、距離を縮めてくれると思うんです。   もちろんパソコンやスマホで打った文章も心を撃ちます。 そこに少しだけ手描きでメッセージを添えると、さらにさらに思いが伝わるような気がします。   字のうまい下手、絵が描ける・描けないはそんなに重要じゃないと思うのです。 相手のことを思って手描きでひと手間かける… そんなしつらえが共感を呼ぶのかもしれないなーと思います。   これからクリスマスやお正月など、メッセージや挨拶を送り合う季節がやってきます。 今年は大切な誰かを思い浮かべながら、ひとこと手描きでメッセージを贈ってみませんか? きっと温かな気持ちに包まれるはず! CMブログ、年内の更新はこれが最後になります。…

絵本とわたし【HOOD 脇山です】
, HOOD Blog

絵本とわたし【HOOD 脇山です】

毎月1日と15日前後にお届けしているHOODの日常、HOODブログ。 12月の初めはまたまた脇山が担当します!     突然ではございますが、わたしは「香り」フェチで自分にとっていい香りにはとてつもないスピードで反応します。 (入居メンバーにいい香りがする。なんの香水ですか?なんの洗剤ですか?と聞くことも珍しくありません。笑) そんないい「香り」大好きなわたしですが、最近この香りめっちゃ好き。と思った香りがあります。 それが、、、 「絵本の香り」 です。 訳あって、とっても久しぶりに子どもの頃読んでいた絵本を手に取り、ペラペラとめくってみた時のこと。 その時にふわっと香った香りが、とても懐かしく、すごく温かい気持ちになりました。 その香りとともにふと思い出したのは、本当に小さい頃、母が絵本の読み聞かせをしてくれていた時の「声色」や「リズム」とその情景です。 もはやいろんな記憶により上書きされている可能性はありますが、小さい頃よく読み聞かせをしてもらっていたわたしは、この「絵本の読み聞かせ」という時間の中で、いろんな経験を積んでいたように思います。 多分、大人が考えるよりも何百倍も子どもは「感じとり」、疑似体験なるものをしているのではと個人的に思います。 頭で考えることが多くなってきた私たちにとって、「感じ取る」ということが本当は必要なのかもしれません。 (余談ですが、わたしの母は絵本にこのように当時のことをメモしていました!  時にシュールな絵もあったりして笑えます!) さて、そんな絵本に触れる機会としてHOOD天神で絵本にまつわるワークショプを行います! 詳細はこちらからご確認ください!

HOOD天神のカフェタイム
, HOOD Blog

HOOD天神のカフェタイム

みなさん、こんにちは! HOOD天神コミュニティーマネージャー、のがみです。 マネージャーブログも2回目となりました。今回はHOOD天神の昼下がりのようすをお届けします^^   HOOD天神のメンバーはとっても仲が良くて、日常のちょっとした差し入れはもちろん、それぞれのメンバーが出張や旅行にいくたびにオフィス内はおみやげものでいっぱいになります。 コミュニティーマネージャーをはじめたばかりの頃、正直これはちょっとプレッシャーになってるんじゃないか、みんな外にでたら何か買ってこなきゃって思っているんじゃないか、などと心配になったこともありました。 だけど、じっさいにHOOD天神の日々をみつめていると、そんな空気はこのオフィスにはいっさいなく、みなさん本当に自然に家族におみやげを買ってくるような感覚で「はい、おみやげ!」といってオフィスに戻ってきて、ほかのメンバーは「やったー!ありがとう(^^♪」といっておみやげを開けては盛り上がっているんです。   HOODのカウンターにはいつもメンバーからのおみやげ物がいっぱいです(^^♪ 私はこんなやりとりを毎日のようにみていて、HOODの昼下がりにみんなで一息ついてくつろぐ時間をつくろうと思いました。つくるといっても、ただドリップコーヒーを淹れて、いただいたおみやげをきれいに並べるだけなんですが(笑)。 オフィスにコーヒーの香りが漂い始めると、なんとなくそれが「そろそろ一息つこうよ!」という合図にもなり、 最後にちょっと声をかければワークしていたメンバーがぱらぱらと集まってきます。 そして、旅先でのおみやげ話やちょっとしたプライベートの話など、これまで知らなかった一面をのぞかせてくれることもあります。 きっとこんな瞬間の積み重ねが、少しずつメンバー間の距離感を心地よくしていってくれるんですね。 ゆっくり、じっくり、すこしづつ。 オフィスという”日常”があるからこそ育まれる独特なつながりです^^  

Close

お問い合わせ

Would you like to see our space before joining? Come and visit our coworking space. Please fill out the form and our manager will get back asap.