Category: HOOD Blog

『福岡のコミュニティマネージャーと考える、通いたくなる場所のつくりかた』に出演しました!
, HOOD Blog

『福岡のコミュニティマネージャーと考える、通いたくなる場所のつくりかた』に出演しました!

こんにちは!HOOD天神コミュニティーマネージャーの野上です。 今日はイベント出演のおはなしです。 先日、先輩コミュニティマネージャーの理子さん(脇山)と一緒にイベントに出演してきました。その名も『福岡のコミュニティマネージャーと考える、通いたくなる場所のつくりかた』。私はHOOD天神と並行して運営に関わっているシェアオフィスSALT(福岡市西区今宿)のコミュニティマネージャーとして、共演者は DIAGONAL RUN FUKUOKA / BOOK&CO. (福岡市中央区)の山下陽子さんです。山下さんはコワーキングスペース界隈では知る人ぞ知る、熟練の名コミュニティマネージャー。山下さんが勤務する DIAGONAL RUN FUKUOKA がHOOD天神の提携施設ということもあって、日ごろから合同でイベントを開催するなど親交のあるわたしたち3人ですが、今回、プロフェッショナル&パラレルキャリア「フリーランス協会」さんのお声がけにより3人でイベントに出演させていただきました。 会場のOpen Innovation Biotope 'Tie' (福岡市博多区)は株式会社オカムラが運営する今年オープンしたばかりの共創スペースです。オカムラのオフィスの一角にあるこのスペースは多様な人々と出会い、繋がり、次のアクションへ挑戦する場づくりをめざしています。今回のイベントのテーマはまさに「場づくり」。働く場を「通いたくなる場所」にするために日々試行錯誤をくりかえしている私たちと一緒に、これからの場づくりやコミュニティについて参加者のみなさんと考えました。 イベント開始前の打ち合わせのとき、やたらとリラックスムードの山下さんと理子さん。オカムラのおしゃれなイスにすわってくるくる回ってあそんだり、アメをなめたり、表情筋をほぐしたりしながらすごしていました(笑)。そして私は大事なパンフレットを忘れるという大失態!!すかさずフォローしてくれた山下さんにひたすら「ごめんね」と「ありがとう」を繰り返す…というハプニングもありました(笑) イベントはおかげさまで満員御礼!有名人でもない私たちの話を、平日の昼間にいったいどれだけの人があつまって聞いてくれるのだ?という当初の不安を早々に吹き飛ばすように今回のイベントは情報公開してからすぐに満席となりました。コミュニティスペース運営者、フリーライターさん、デザイナーさんなど多様な職種のみなさんが集い、なかには熊本や日田から来てくれた人も!本当にみなさんありがとうございました!! こういう舞台に慣れてないわたしはトーク中も緊張しっぱなしでしたが、理子さんのやさしいファシリテーションや山下さんの説得力あるお話にたすけられ、なんとか3人でのトークセッションをのりきりました(笑)。それぞれのワークスペースが目指すビジョン、そこに向かうために日々取り組んでいることについてお話させていただいたあとはこれからコミュニティスペースを作ろうとしている人たちへのメッセージなんかもいったりして、めったにできない貴重な体験をさせてもらいました。 コミュニティマネージャーという仕事は新しい職種だし、場づくりの実践者といえどもまだまだみんな未熟者です。正解というものはどこにもなく、ただ自分たちの考える理想や感性によって動いていることが多い。だから、結局はその場所、まち、そこに集まる人によって偶然にうまれた出来事の積み重ねによって結果的に通いたくなる場所が出来上がるのかなあと思っています。いまはそのプロセスの途中なのです。

「チャレンジする人の小さな学び場を、天神から」の裏側
, HOOD Blog

「チャレンジする人の小さな学び場を、天神から」の裏側

こんにちは!HOOD天神のコミュニティマネージャーの脇山です。 6月も折り返しているにも関わらず、全然雨が降らないですねえ。   梅雨はちょっと憂鬱ですが、なかったらなかったでやっぱりちょっと寂しいものですね。 (調子のいい人の発言。。笑)     さてさて、今日はHOODで行なっている学び場についてちょこっとご紹介したいと思います。 シェアオフィスHOOD天神では、入居者さんやHOOD天神に興味を持ってくれているパートナーさん、そしてスタッフのメンバーとともに【HOOD SCHOOL】という学び場を1年半ほど前から展開しています! ▲HOOD SCHOOL第一回目の講座の様子。(懐かしい、、)   今では、「チャレンジする人の小さな学び場」というコンセプトで小さく温かく、チャレンジする人の背中をそっと押せるような場として運営をしていますが、当初はちょこっとだけコンセプトが違い、ここに至るまで実は紆余曲折ありました!! 当初は、何を考えたか「福岡から全国、世界に」羽ばたくような取り組みになったらいいな〜という構想もあったりして、「福岡発!シェアオフィスから“ツナガル”学び場」というコンセプトにしていました。   このコンセプトのまま数ヶ月は講座を開催していたのですが、講座を継続していくに連れて、「このコンセプトで本当にしっくりきてる?」という議論を重ねました。 ・「福岡から全国、世界に」 ・“ツナガル”学び場 もゆくゆくはそういう風になったらいいけれど、この学び場に集まる人がこの学び場をイメージしてもらいやすいような、雰囲気が伝わるようなコンセプトの方がいいよねと考えて、今の「チャレンジする人の小さな学び場」というところに行き着きました。   その名の通り、どの講座も定員は8名まで&全ての内容「初めての人」向けで構成しています。 HOOD天神自体のコンセプトともマッチしていて、場全体として「はじめる人を応援する」ということを提案していけたらいいななんて思っています。 そんなHOOD SCHOOLですが、この度1年半の時を経て、全てのデザインを統一&一新いたしました!!!! シェアオフィスHOOD天神らしく、温かく、チャレンジする人をそっと応援できるようなイメージをデザインに。 7月以降はさらにコンテンツをご用意して、さらに素敵な学びの場を提案していく予定です!! たくさんの方のご協力とスキルを生かしながら、「天神で学ぶを楽しく」にチャレンジしていきます♪   ぜひご注目ください〜! <詳細は下記画像をクリックしてご覧ください▼>

一日だけのご利用もOK。HOOD天神は新しいメンバーを募集中です!
, HOOD Blog, News

一日だけのご利用もOK。HOOD天神は新しいメンバーを募集中です!

こんにちは。HOOD天神コミュニティーマネージャーの野上です。 あっという間に6月になってしまいました!月日の経つのが早すぎてほんとにびっくりです。 さて、6月に入りみなさんの中には周囲の環境がガラッと変わった人や、あたらしく何かを始めた人もいらっしゃるのではないでしょうか? HOOD天神は4月に長い間ご利用いただいていた企業会員さんをお見送りし、ちいさな出会いをくり返しながら新しいコミュニティを育てはじめているところです。 コワーキングスペースを利用すると、いろんなユニークな人たちと知り合えて、仕事の合間のちょっとした時間も誰かと一緒に過すことができて、ひとり自宅で仕事をするよりもずっと快適で集中できる空間を手に入れることができるというメリットがあります。 2018年は天神エリアにたくさんのコワーキングスペースがオープンしました。オフィスをさがしている人にとって選択肢はあり余るほどあるといえます。そんな天神エリアにひっそりと存在するHOOD天神。訪れる人々の中には半地下にあるために素通りして道に迷う人もいれば、カフェとまちがえて入ってくる人もいます(笑)。 そこで今日はこのスペースの魅力、会員になることのメリットなどをちょっとご紹介しますね。 オフィスやコミュニティを探している方の参考になったらうれしいです! HOOD天神の会員になるとこんないいことがあります。 郵便物を代わりに受け取ってもらえる 鍵付き専用ロッカーがつかえる(オプション) HOOD図書館の本が自由に読める(場づくり、デザインに関わる書物がいっぱい!) コーヒーとお茶が自由に飲めて、マイカップを置いておける アットホームな入居者間交流があり、仕事のあいまにちょっとだけ癒される 福岡移住計画が運営する拠点、またはその他提携施設を無料で利用できる(くわしくは以下の通り) ------ <東京> ◯ダイアゴナルラン東京 住所:東京都中央区八重洲2-8-7 福岡ビル4階 利用可能時間:平日9時〜20時 ◯the Association 住所:東京都世田谷区北沢3-27-4 立木ビル2階 利用可能時間:平日11時〜17時 ※2営業日前までの事前問い合わせ必須 <福岡> ◯ダイアゴナルラン福岡 住所:福岡県福岡市中央区西中洲6-27 親和銀行福岡ビル5階 利用可能時間:平日9時〜22時…

読書のススメ? HOODに集まる本のお話し
, HOOD Blog

読書のススメ? HOODに集まる本のお話し

こんにちは、コミュニティマネージャーの岸です。   「令和」の由来が万葉集にある!ということで、4月1日には本屋から「万葉集」が消えたとか…。 その後も関連本がたくさん出されているようです。 たぶん、多くの人にとって「万葉集」はそれほど身近ではなかったかもしれません。でも、こうして元号が変わる節目に立ち会ったことで、「万葉集」を身近に感じて、知りたい!読みたい!と思う気持ちになるってステキだなぁ、と思ったのです。好奇心の輪が広がっていくような、そんな感覚でもあります。 わたしも1冊買っちゃいました。まだ読んでないけど(汗)   本を読まなくなった、紙の本が売れなくなったと言わています。 インターネットやテレビからの情報量は圧倒的で、素早くいろいろなことを知ることができます。 でも、「本」にはそれだけじゃないよさや魅力があるような気がするのです。手触り、紙の質感、装丁、帯に書かれた推薦文やコピー…いろんなものが混ざり合って1冊の本になっていて、見ているだけでもなんだかわくわくします。(私だけ?) HOODの小さな図書館には、さまざまなジャンルの本が集まっています。 「小さな」図書館なので、冊数は少なめですが、暮らしに関すること、町に関すること、生き方や働き方に関すること、場づくりに関すること、モノづくりに関すること…スタッフや入居者のみなさんのアンテナにビビッと触れた本たちです。   HOODにある本は、図書館や本屋さんとは違って、ジャンルも偏っているかもしれない。 でも、1冊1冊に「おすすめ」する思いが籠っています。 そんな「思い」が集結するのが、図書館イベント。   毎回、テーマを設定して、まちで暮らす、活動する推薦人からの選書を展示しています。 自分では読まない種類の本に出会ったり、「あぁ、この人はこんな本を読んでいるんだ」と知らない一面を発見してなんだか嬉しくなっちゃったり…。 本を手に取ってソファに座ってゆっくり読んだり、思い思いに「本」を媒介にHOODで過ごしてくださる姿を見るのが、わたしは大好きです。   令和になった今年は、どんなテーマで開催しようかな?どんな本が集まってくるのかな?と、今からひそかにわくわくしています。 たぶん夏ごろには開催できるはず!決まり次第、こちらでもご案内しますね。  

新しい時代の幕開け!
, HOOD Blog

新しい時代の幕開け!

みなさん、こんにちは! 長い10連休が終わり、平成から令和になりました。 2つの時代を体験できたこの10連休、みなさんはどんな10日間でしたか?? HOOD天神では、平成最後に入居者さんのみんなでランチ会をしました! HOODおきまりのおにぎりと味噌玉はやっぱり今回もコミュニティマネージャーの岸智子さん作。 平成にちなんだメニューを作ってきてくれました! そしてそして、毎度恒例のランチ時のワークは、「みんなで考えた“平成ベストテン”!」 カードを1枚ひき、そのカードから連想する平成の出来事をみんなでシェアして、ランキングをつけるというものでした。 ▲出来上がった今回の平成ベストテン 様々な世代が混ざり合うシェアオフィスだからこその様々な思い出がずらり!!! 私が特に気になったのは、6位の「世界にひとつだけの花」。 入居者さんから出たお話でしたが、それまでは競争社会の中でNO.1を狙うのが良しとされていた時代からOnly.1を目指す時代に変わった象徴の曲でしたよね。 まさに時代の移り変わりを感じるワンシーンでした。 さて、新しい「令和」という時代。 このシェアオフィスに足を運んでくれた方々が、「今日ここに来てよかったな」と思ってもらえるような場づくりを改めてやっていこうと思いました。 新しい時代も、どうぞよろしくお願いします!

旅立ちの春~goodroomのあらたな挑戦はじまる。
, HOOD Blog

旅立ちの春~goodroomのあらたな挑戦はじまる。

こんにちは!コミュニティーマネージャーの野上です。 2019年4月、HOOD天神は4度目の春を迎えています。 「おはよう」、「いってらっしゃい」、「おかえりなさい」。そんな家族のようなやりとりが自然と交わされるこのシェアオフィスにオープン当初から入居してくださっていたgoodroomさんが、独自のあたらしい拠点をつくって巣立っていきました。 4月10日、HOOD天神でひらかれた3周年記念イベントでは、すでにHOOD天神を巣立った元メンバーの今、これから卒業していくメンバーの今後についてクロストークが行われました。トークに登場したのはママリボンの谷川智代子さん(写真中央左)とgoodroomの石井優香さん(写真中央右)、そしてHOOD天神コミュニティーマネージャーの脇山と運営会社の窪田です。 トークでは、会員ではなくなった今もHOOD天神のコミュニティに関わりつづける谷川さんのお話やgoodroomの社員として全国のシェアオフィスを利用してきた石井さんからみたHOOD天神のコミュニティの温かさなど、HOOD天神で過ごした日々についてくわしくおはなししてもらいました。 goodroomさんは全国でリノベ賃貸マンションを展開する不動産会社で今年上場も果たした成長企業です。現在は東京に勤務する社員の石井さんは2016年の入居当初、東京からたったひとりで福岡に転勤してきていて、新拠点の立ち上げに奮闘していました。 福岡オフィスを探していたときはシェアオフィスに入居することは考えていなかったという石井さんですが、運営会社スタッフの窪田の誘いでHOOD天神に入居して、そこからはじまったシェアオフィスメンバーとの交流は、慣れない土地で新拠点立ち上げるという大仕事に挑む石井さんにとって、つかの間の癒しとなったようです。 HOOD天神の一入居者としてスタートしたgoodroomさんも現在は10名以上のスタッフが働くまでの拠点に成長しました! もはやHOOD天神では手狭となり、福岡市中央区薬院にあらたなシェアオフィスをオープンします。(goodoffice) あたらしい拠点はHOOD天神のように、人とのつながりを大切にした、カフェのようなコワーキングスペース。この3年間、goodroomさんが続けてきた挑戦の経験を活かしつつ、それを支えるぬくもりのある場所となりそうな予感がします。 スモールスタートで始まった企業さんとともに歩んだ3年間、それが心温まるスペースの広がりに結びついたことは私たちにとっても大きな成果であり、よろこびです。そしてここで育まれた信頼関係はきっとこれからも続いていくのだと思います。 goodroomさん、3年間ありがとうございました!これからもよろしくおねがいします^^

来年も桜の季節にここで会いましょう
, HOOD Blog

来年も桜の季節にここで会いましょう

こんにちは! HOOD天神のコミュニティマネージャーの脇山です。 この間2019年を迎えたと思ったら、もうすでに新年度を迎えていて、新しい元号がついに発表。 平成でいられるのもあと少しか、、なんて思いながら先月のお花見の写真を眺めています。 みなさんは、今年お花見をしましたか? 私は、HOOD天神でのお花見が毎年の行事になっているので、HOODのランチ会以外ではお花見をするという機会がなくなりました。 今年のお花見ランチ会も SALT給食のメンバーが作ってくださるHOODランチ特別版!!! 今年は、昨年よりもバージョンアップして、最後の方になっても味が飽きないようにとグラデーションになったカップ寿司。 昨年はこうだったから今年はこう。ってどんどんリニューアルしていくってなんて素敵なんだろうって思いながら、今年も美味しくいただきました。 今年は、暖冬の影響もあり、少し早めに開花予測をされていたので3月中のお花見ということで、まだ満開まではあと少しある時期でしたが、たくさんの方(入居者さん、HOODに興味のある方)が参加してくださいました!! もちろん「初めまして」が多い空間でしたが、青空と桜の下では心も開放的になり、美味しいご飯を一緒に食べながらいろんな話をして盛り上がっている様子でした! 「また来年も参加したいです」 なんて言ってもらえるのは、とてもありがたい瞬間でした。 また来年もいい時間が過ごせるように、、思う瞬間と、もしかしたらこのメンバーに会えるのは今年が最後かもしれないという感覚と。そんななんとも言えないような気持ちで、今年のお花見ランチも終了しました! だからこそ、あえて最後のお伝えしたいです。 また、来年もこの場所で会いましょう。

組み合わせることで可能性は何倍にも広がる?HOODで炊く炊き込みごはん
, HOOD Blog

組み合わせることで可能性は何倍にも広がる?HOODで炊く炊き込みごはん

こんにちは。コミュニティマネージャーの岸です。 HOOD天神では、毎月、入居者のみなさんとランチを囲みながら、対話を楽しみ、ちょっとしたワークに興ずるランチ会を開催しています。 スタート当初は、近くで調達したお弁当を広げてわいわいと語らっていましたが、いつの頃からか、HOODにある小さな3合炊きの炊飯器で炊き込みごはんを作るようになりました。 これまでのラインナップは ・天津甘栗とベーコンの炊き込みごはん ・かぼちゃと胡桃の炊き込みごはん ・春キャベツとあさりの炊き込みごはん ・そら豆としらすの炊き込みごはん ・とうもろこしごはん ・豚キムチの炊き込みごはん などなど。   ▲春キャベツとアサリの炊き込みごはん ▲豚キムチの炊き込みごはん 毎回、この具材とこの具材を合わせたらどうなるのかな?とあれこれ想像しながら、メニューを考えています。 私は、社会人対象の講座の企画や運営、ファシリテーションなどの仕事もしているのですが、仕事柄、大人の学びや人材に育成には、並々ならぬ(笑)関心があって、ついつい日常のいろいろな出来事を、「これって何かに活かせないかな?」「これは●●に似ている!」と結び付けて考えてしまいます。 炊き込みごはんのメニューを考えながら、ふと「これって人材育成にも通じるものがあるのでは???」と思うに至りました。   例えば… ・材料の種類は少ない(具材は2種類程度、それに粉末だしとほんのちょっとのお醤油) → あれこれ欲張っちゃダメ。メインの仕事を決めたらそれをきちんと任せる   ・炊飯器に具材を入れてスイッチ押せば簡単にできるんだ!という発見 → 簡単にできるんだよ。人も決めつけて見てるんじゃない?気づいていないけど意外といいとこ(長所)があるかもよ?   ・材料は○○産などにこだわらなくても、おいしい炊き込みごはんができる → 偏差値や学校名だけで決めつけない。可能性は誰にでもあるのだ!   ・炊き上がるまでどうなるかわからない → 一度、任せたら信じて待つ。自分(上司)がやっちゃった方が早いかもしれないけど、任せることも必要。   ・お米を丁寧に研いだり、下ごしらえをしっかりやると美味しくなる…

もっと近くに、シームレスに、HOOD天神でつくるあたらしい場所。
, HOOD Blog

もっと近くに、シームレスに、HOOD天神でつくるあたらしい場所。

こんにちは!HOOD天神コミュニティマネージャーの野上です。 もうすぐ春ですねえ^^ 今年で4度目の春を迎えようとしているHOOD天神ですが、最近ではすこしユニークなイベントを開催していただけるようになりました。 1月26日にDJダイノジこと大谷ノブ彦さんによる「ダイノジ大谷ノブ彦独演会」が、そして先日2月23日にはワタナベエンターテインメント九州の芸人さん3名による大喜利ライブ「大喜利さん、こんにちは!」が開催されました。 これまで”シゴト”と”地域”に関する発信が多かったHOOD天神でお笑い系イベントがたてつづけに2本も開催されているのです。ちょっと意外ですよね?(笑) 人を笑わせることを生業とする芸人さんたちがHOOD天神でどんなライブをやってくれたのか、イベントスタッフとして立ち合った私の感想も含めてお話したいと思います。 ダイノジの大谷ノブ彦さん、じつは芸人、DJ、大学講師と、3足のわらじをはくパラレルワーカーなのです。お笑い芸人としてはもちろん、DJダイノジとして名前をご存じのかたもいらっしゃると思います。そして、大分ご出身の大谷さんは、近年では別府市にある立命館アジア太平洋大学(APU)の講師もされているそう。はじめて聞いたけど、なんかすごい。。。トークライブの冒頭からなんだかわくわくしていました。 ▲ダイノジ大谷ノブ彦さん 大谷さんのお話には九州、とくに福岡・熊本・大分への熱い思いがいっぱいつまっていました。大分での幼少・学生時代の話、福岡ですごした若手芸人時代の話、数々の苦労を重ねて生きてこられたいま、故郷大分に教育という分野で関われていること。そして、人に笑いを届ける芸人としてどんな想いで「笑い」や「しあわせ」と向き合っているか。そんな話をHOOD天神にあつまってくださったお客さんたちとまるで一対一の対話をするような距離で、熱く、深く、2時間たっぷり語ってくださいました。 そしてつい最近、2月23日に開催されたのは「大喜利さん、こんにちは!」。こちらは福岡で活躍中の春奈さん、土居上野の祥平さん、チムニーの原健太郎さんによる大喜利ライブでした。 「福岡芸能界の都市伝説を教えてください。」、「こんな山笠はいやだ。どんなの?」といった”お題”に3人の芸人さんたちが面白おかしくこたえていきます。 ▲春奈さん(ステージ左)、土居上野の祥平さん(ステージ中央)、チムニー原さん(ステージ右)による「大喜利さん、こんにちは!」 じつはこの3人が所属するワタナベエンターテインメント九州さんはHOOD天神のすぐちかくに事務所をかまえていらっしゃいます。 主催者の春奈さんによると、カフェにいくみたいに気軽に、お客さんとの距離もちかくて芸人同士が競い合うこともないゆるっとしたお笑いイベントをやってみたかったんだそうです。だから、「~グランプリ」とか「~バトル」とかじゃなく、「~こんにちは!」なんですね。春奈さんがHOOD天神の前を通りがかったときに偶然にこの場所をみつけてくださったことがきっかけで、このあたらしいスタイルのお笑いライブイベントが開かれることになったのでした。 HOOD天神にきてくれた芸人さんたちは、みなさん本当に丁寧で気さくな方々ばかりでした。そして人に笑いを届けることに常に真剣に向き合いアイデアをめぐらせていらっしゃいました。だからこそ、オフィス空間/舞台/客席という壁をとびこえてHOOD天神に足を踏み入れてくださったのだと私は感じました。 ふだんはワークスペースや学びの場としての空間をつくっているわたしとしては、お笑いライブ実施のサポートというのははじめての経験で、それこそ控室や音響設備の品質に気をつかうという芸能人のマネージャーみたいなことをさせてもらった2か月でした。 とりあえず終わってみて、HOODってこんな風にいろんな人にいろんなスタイルでつかってもらえる場所になってきたんだとしみじみと実感しています。HOODという名前は、いろんな場所を行き来する”風の人”と一つの場所をじっくり耕す”土の人”が混ざり合う”風土”を意味します。2016年の春にスタートしてから3年がたち、HOOD天神はその名前にふさわしい場所に育ってきているようです ^^

HOODと写真のカンケイ
, HOOD Blog

HOODと写真のカンケイ

こんにちは!HOOD天神のコミュニティマネージャーの脇山です! なんと気がつけば、もう2月が終わろうとしています、、! たった28日しかないとわかっていたはずなのに、恐ろしいくらい早く過ぎ去る月日にただただ圧倒されている今日この頃です。 今月も入居者のみなさんと元気に過ごしていますが、今日はHOODととは切っても切れない「写真」との関係について。 HOOD天神には、あらゆるところに写真が飾ってあります。 これまでHOODで開催をしたイベントの時の写真や、HOODの入居者さんと参加したイベントでの写真。 日常のなんてことない瞬間の写真など。 現像していないフォルダの中にはもう多分何千枚の写真が保存してあります。 ご家庭でもよくあることだと思うのですが、写真は撮ることで満足してしまって、現像をする機会ってそんなに多くないのではないでしょうか? HOOD天神でも多くの写真はそうなのですが、折に触れてできるだけ現像をするようにしています。 ネットを探せば、facebookページをひらけば多分たくさんの写真で溢れていると思いますが、それが日常の中で目に入るというのもなかなかいいものだと思います。 昨年の2周年パーティーでは本棚を写真展にして、ランダムに掲載をしたことも。 こんな風に、写真を現像して 初めてHOODにいらっしゃる方 たまにHOODにいらっしゃる方 いつもHOODで仕事をする方 とつかの間でも思い出を共有して「あの時はこうだったよね」とか「懐かしいですね〜」とかお話するのも楽しいものです! もしよかったら、ぜひHOOD天神にお越しの際は、写真にも注目してみてくださいね! 今日のブログはこのへんで! またコミュニティマネージャーが更新しますね!

Close

お問い合わせ

Would you like to see our space before joining? Come and visit our coworking space. Please fill out the form and our manager will get back asap.