HOOD天神(フッドテンジン)| 福岡天神のシェアオフィス・コワーキングスペース

福岡の中心地天神にあるHOOD天神は西鉄と福岡移住計画が運営するコミュニティ/シェアオフィス&コワーキングスペースです。天神駅から徒歩3分、アクロス福岡正面、水鏡天満宮のすぐお隣にあります。

【イベント】HOOD天神でお笑いライブ!「大喜利さん、こんにちは!」開催のおしらせ
, News

【イベント】HOOD天神でお笑いライブ!「大喜利さん、こんにちは!」開催のおしらせ

イベント開催のおしらせです。 2019年のHOOD天神にはなぜかお笑いの風が吹き込んできています。先月のお笑い芸人ダイノジのDJダイノジこと大谷ノブ彦さんによる独演会につづき、今回はワタナベエンターテインメント九州の若手芸人さん3名による大喜利ライブ、「大喜利さん、こんにちは!」。みなさまのご来場をお待ちしております!! イベントの詳細は以下のとおりです イベント名:大喜利さん、こんにちは! 出演:土居祥平(土居上野)・春奈・原健太郎(チムニー) 日時:2019年2月23日(土) 17:30 開場/18:00 開演 チケット料金:1,000円 場所:HOOD天神(福岡市中央区天神1-15-5) お申し込み:(E-mail) ohgiri2017@yahoo.co.jp  または各出演者のSNSで受付中

【開催レポート】HOODランチ〜みんなでつくる恵方巻き〜
, Report

【開催レポート】HOODランチ〜みんなでつくる恵方巻き〜

みなさん、こんにちは! 先日HOOD天神ではHOODランチ〜みんなでつくる恵方巻き〜のイベントを開催いたしました。 お越しいただいたみなさま、ありがとうございました♪ 一昨年より3年連続開催しております恵方巻きイベントですが、今年も恵方巻きの具材はSALT給食を作ってくれているメンバーが出張して用意してくださいました!! 今年も豊富な具材にみなさんも気分が上がります!! たまご、きゅうり、ナムル、そぼろ、お出汁のきいたしいたけ、桜でんぷん.... 色とりどりの具材の中から、自分の好きな具材をチョイスして巻き簾で巻いていきます。 一般的に恵方巻きは7種類の具材を入れると縁起がいいと言われていますが、HOODの恵方巻きイベントでは好きな具材を自由に入れてもらうのが特徴です!!楽しむことが第一! 巻き簾の上に乗せたらグルン!と巻くのですが、これにちょっとしたコツが必要で、あまり具材を乗せすぎるとうまく巻けないこともあり、みなさんここで四苦八苦されていました! 今年は「東北東」が方角ということで、みんなで方角を向いて願い事を思い浮かべながらとにかく無言でいただきました!! (毎年ですが、この時間は無言なのでとてもシュールな時間が流れるのも面白みの1つです!笑 ) この後、3〜4個作って食べる方もいらっしゃって、みなさんとの恵方巻きの時間を楽しむことができました! ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました! また来年も恵方巻きを一緒に巻きましょう! 余談ですが、当日用ということでコミュニティマネージャーの脇山が体を張って告知用に準備をさせてもらったのがこちらの画像です。笑

南阿蘇の人たちと出会ってかんじたこと。
, HOOD Blog

南阿蘇の人たちと出会ってかんじたこと。

こんにちは!HOOD天神コミュニティーマネージャーの野上です。 少し前のことになりますが、昨年末の12月22日「南阿蘇を通して考える これからの地域と人の関係性@HOOD天神」と題したトークイベントと交流会がHOOD天神でありました。そのときに感じたことを、私はこれからずっと忘れずにいたいなと思ったのでこのブログにも書いておきたいと思います。 イベントのトークゲストは山口県萩のゲストハウスruco代表、塩満直弘さんと熊本県南阿蘇村で200年の伝統を誇る名湯「すずめの湯」を有する地獄温泉清風荘代表、河津誠さん。ファシリテーターとして、みなみあそ村観光協会事務局長、久保尭之さんが加わり、ゲストの生き方、南阿蘇村での取り組みを通して「これからの地域と人の関係性」を探っていきました。   ゲストハウスrucoの塩満直弘さん(左)と地獄温泉清風荘の河津誠さん(右) 今回のイベントに参加してくださったのは阿蘇の復興、地域づくりについてかなり関心の高い人たちばかり。北九州、日田、福岡などからあつまった参加者さんたちをトークに巻き込み、阿蘇の特産品をいただくブレイクタイムを間に挟みながら濃密な時間が流れていきました。 ファシリテーターを務めた主催の久保さんは、鹿児島出身で東京で働いていたいわば外部から南阿蘇の復興・活性化に携わる立場。そんな久保さんが今回のイベントを通していちばん伝えたかったのは、被災地や人口減少に悩む地方などリスクが高いと思われる土地で生き続ける人たちの原動力となっているのは何なのか、ということ。 みなみあそ観光協会の久保尭之さん きっかけは ”誰かのため” だったけれど、実のところは ”自分がより良く生きるため” にそうしているのだということに、参加者を交えた対話の中でみんなが気づいていきました。 ふるさとでもなく、働いているわけでもない。だけどそこには大好きな人たちがいるから大切な場所だといえる。そんな場所をみつけられたら、きっと人生はもっと豊かになりますね。 HOOD天神にいてもよく感じることですが、コワーキングスペースで一緒にはたらいている人たちは、べつに同僚でもないし、仲間というわけでもない。ましてや家族でもない。だけどHOOD天神で感じられるこの距離感と、何とも言えない「心地よさ」が私がこの場所になるべく長くいたいと思う理由です。オンとオフをきっちりわけて働く人もいます。私もかつてはそうでした。でも、こんな仕事との関係性も悪くないなと最近よく思っています。地域との関係性も本質的には同じことのような気がします。 最後に、河津さんはこう言いました。 「僕は南阿蘇がすごく好きかというと、200年の伝統を背負ってしまうし地域のリーダーでもあるし、実は結構、居ると苦しい。なぜ南阿蘇がいいと言えるかというと大好きな博多があるから。博多に来ると僕は本当に楽になれる。」 災害つづきだった2018年、この記事を読んでくださったがあなたが、職場や社会の中で、または被災地や社会的に弱い立場にいる人との関係性の中で、あなたなりにできること、あなたなりの心地よい関わり方について考えてくださったらとてもうれしいです。 2019年がはじまって早くも一か月が経とうとしています。どうか、平和な2019年となりますように。

新年あけましておめでとうございます!
, HOOD Blog, News

新年あけましておめでとうございます!

新年、あけましておめでとうございます! みなさまはどんなお正月をお過ごしでしたか? 今年のお正月休みは長い人で10日間程あったので、ゆっくりできた〜という方も多いのではないでしょうか? HOOD天神も7日から営業をスタートし、今年も元気に営業を開始できました♩ 年末にHOODで行った懇親会からあっという間に2019年がスタートし、10日がすぎるという時の速さを既に実感しています。 ちなみにHOODは、おやつの数が多いシェアオフィス第一位になれるんじゃないかと思うくらい、普段からおやつの差し入れをいただくことが多いのですが、年明けもご覧の通りの光景が広がりました!!! 各地への帰省から戻って来られたメンバーのみなさまがHOODへと差し入れをしてくださいました! いろんな地域の美味しいものが集まったのですが、実は次の日の夕方にはほぼ完食されているという勢いでした!笑 さて2019年は、元号が変わる年でもあり、福岡でいうと福ビルが閉館してしまったりと、1つの時代が終わるような出来事が起こりそうですね。 少し寂しい気もしますが、新しい未来のための大きな変化の1年とも言えます。 変化を楽しみながら、HOODも成長していけたらなと思ってます! みなさまの1年が良い変化が生まれる1年になりますように! 今年も1年どうぞよろしくお願いいたします!

【2018-2019】年末年始の営業について
, News

【2018-2019】年末年始の営業について

平素より、HOOD天神 及び +Wander(プラスワンダー) をご利用いただき、誠にありがとうございます。 年末年始期間の営業につきまして、以下の通りご案内申し上げます。 ■年末営業最終日:2018年12月28日(金) ■年始営業開始日:2019年1月7日(月) ※2018年12月29日(土)〜 2019年1月6日(日)の期間中はお休みとなります。 ・月額会員様は通常通りご利用いただけます。 ・ドロップイン(1日利用)およびご見学につきましては、スタッフ不在のためお休みとさせていただきます。 ※期間中は営業休止となりますため、お問い合わせのお返事が遅れる場合がございます。 お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。 その他の各拠点の営業についてはこちらをご確認ください。 DIAGONAL RUN FUKUOKA(福岡西中洲)

手描きのススメ~手描きで思いを伝えてみませんか?
, HOOD Blog

手描きのススメ~手描きで思いを伝えてみませんか?

みなさま、こんにちは。HOOD天神のコミュニティマネジャーをしております岸です。 私は主にランチ会などのイベントを中心にHOOD天神の運営をサポートしています。   HOOD天神には、入居者のみなさんからの差し入れを囲んでのおやつタイムがあったり、 楽しい語らいの場があったりといろいろな特長がありますが、 もうひとつステキなことがあります。   それは、HOOD天神には手描きがあふれていること。   例えば、入り口の案内板…   例えば、おやつタイムのお知らせ…   例えば、こんなお知らせも…   私は普段、グラフィックレコーディングという文字だけではなく絵や図や色を使って記録する手法を使って描いたり、ワークショップを行ったりしているのですが、 みなさんが必ず「手描きっていいですね」とおっしゃいます。 そして、みなさん、「自分でも描いてみたいです。」と続けられます。   そう、手描きって人の心をぐっと温かくして、距離を縮めてくれると思うんです。   もちろんパソコンやスマホで打った文章も心を撃ちます。 そこに少しだけ手描きでメッセージを添えると、さらにさらに思いが伝わるような気がします。   字のうまい下手、絵が描ける・描けないはそんなに重要じゃないと思うのです。 相手のことを思って手描きでひと手間かける… そんなしつらえが共感を呼ぶのかもしれないなーと思います。   これからクリスマスやお正月など、メッセージや挨拶を送り合う季節がやってきます。 今年は大切な誰かを思い浮かべながら、ひとこと手描きでメッセージを贈ってみませんか? きっと温かな気持ちに包まれるはず! CMブログ、年内の更新はこれが最後になります。…

【開催レポート】HOOD図書館〜クリスマスに贈りたい絵本〜
, Report

【開催レポート】HOOD図書館〜クリスマスに贈りたい絵本〜

みなさん、こんにちは! 先日HOOD天神ではHOOD図書館〜クリスマスに贈りたい絵本〜のイベントを開催いたしました。 底冷えのように寒い中ご参加をいただいたみなさま、本当にありがとうございました。 みなさんは普段「絵本」を手に取る機会はありますか? 私たち大人は、知らず知らずのうちに「絵本=子どもの読み物」としてしまっていることがあるのではないでしょうか? 本屋さんでも必ず児童書のコーナーにある絵本を大人になって読んでみるとどうなるのか。 そんな大人の自由研究のようなイベントとしてみなさんに楽しんでいただきました。 今回「クリスマスに贈りたい絵本」を選んでくださった推薦人のみなさまはこちらのみなさま。 福岡の様々な領域でご活躍中のみなさんに選んでいただいた絵本が、当日HOOD天神にはずらりと並び圧巻の姿でした。 ●クリスマスに贈る「美しい」絵本 ●クリスマスに贈る「アガる!」絵本 ●クリスマスに贈る「さみしい」絵本 ●クリスマスに贈る「強くなれる」絵本 という観点で選書をいただいた絵本の数々にはそれぞれの思い出が込められていて、その絵本と推薦人との物語を一緒に楽しむことのできる空間になりました。 また同時に開催をした絵本を使ったワークショップでは、ワークショップデザイナーの岸智子さんのファシリテーションのもと、「絵」から想像力を膨らませながら対話を深める時間を楽しみました。 絵をじっくり見て自分の想像力を自由に働かせると、どれほど自分が「言葉」に答えを見つけようとしているかに気がつくことができます。 さらにそれを対話して深めることで、他の人とその体験を共有することができることもこのワークショップの楽しみ方の1つでした。 じっくりと絵本を楽しんだり、新しい発見を手に入れたり、懐かしい思いにふけったり、それぞれの楽しみ方で楽しんでいただくことのできるHOOD図書館イベント。 今回も多くの方にご参加をいただけてとても嬉しかったです。 またお会いできることを楽しみにしています!

絵本とわたし【HOOD 脇山です】
, HOOD Blog

絵本とわたし【HOOD 脇山です】

毎月1日と15日前後にお届けしているHOODの日常、HOODブログ。 12月の初めはまたまた脇山が担当します!     突然ではございますが、わたしは「香り」フェチで自分にとっていい香りにはとてつもないスピードで反応します。 (入居メンバーにいい香りがする。なんの香水ですか?なんの洗剤ですか?と聞くことも珍しくありません。笑) そんないい「香り」大好きなわたしですが、最近この香りめっちゃ好き。と思った香りがあります。 それが、、、 「絵本の香り」 です。 訳あって、とっても久しぶりに子どもの頃読んでいた絵本を手に取り、ペラペラとめくってみた時のこと。 その時にふわっと香った香りが、とても懐かしく、すごく温かい気持ちになりました。 その香りとともにふと思い出したのは、本当に小さい頃、母が絵本の読み聞かせをしてくれていた時の「声色」や「リズム」とその情景です。 もはやいろんな記憶により上書きされている可能性はありますが、小さい頃よく読み聞かせをしてもらっていたわたしは、この「絵本の読み聞かせ」という時間の中で、いろんな経験を積んでいたように思います。 多分、大人が考えるよりも何百倍も子どもは「感じとり」、疑似体験なるものをしているのではと個人的に思います。 頭で考えることが多くなってきた私たちにとって、「感じ取る」ということが本当は必要なのかもしれません。 (余談ですが、わたしの母は絵本にこのように当時のことをメモしていました!  時にシュールな絵もあったりして笑えます!) さて、そんな絵本に触れる機会としてHOOD天神で絵本にまつわるワークショプを行います! 詳細はこちらからご確認ください!

ドロップインサービス開始について
, News

ドロップインサービス開始について

平素より HOOD天神 及び+Wanderをご利用いただき、ありがとうございます。 2018年12月3日(月)より、かねてよりご要望いただいていたドロップインサービスを開始いたします。 ご利用人数は限られてしまいますが、ぜひこの機会の「HOOD天神」をご利用ください。 ■以下条件 ・利用可能時間:平日のみ10時〜18時 ・お支払い方法:現地にてカード決済または現金にて。 ・料金:2,000円(税別)/日 ※土日祝にご予約お問い合わせいただいた場合、休日明けのお返事となります。 ※1営業日前までの予約受付となります。 ※1日3名までの受付となります。 ■お申し込みは下記フォームよりお願いいたします。 https://pluswander.com/listing/hood-tenjin/#dropin-reserve ※別途お問い合わせ※ (TO:info@hood-tenjin.com) 土日祝日の場合はお返事が遅れる場合がございますのでご了承頂きますようお願い申し上げます。

HOOD天神のカフェタイム
, HOOD Blog

HOOD天神のカフェタイム

みなさん、こんにちは! HOOD天神コミュニティーマネージャー、のがみです。 マネージャーブログも2回目となりました。今回はHOOD天神の昼下がりのようすをお届けします^^   HOOD天神のメンバーはとっても仲が良くて、日常のちょっとした差し入れはもちろん、それぞれのメンバーが出張や旅行にいくたびにオフィス内はおみやげものでいっぱいになります。 コミュニティーマネージャーをはじめたばかりの頃、正直これはちょっとプレッシャーになってるんじゃないか、みんな外にでたら何か買ってこなきゃって思っているんじゃないか、などと心配になったこともありました。 だけど、じっさいにHOOD天神の日々をみつめていると、そんな空気はこのオフィスにはいっさいなく、みなさん本当に自然に家族におみやげを買ってくるような感覚で「はい、おみやげ!」といってオフィスに戻ってきて、ほかのメンバーは「やったー!ありがとう(^^♪」といっておみやげを開けては盛り上がっているんです。   HOODのカウンターにはいつもメンバーからのおみやげ物がいっぱいです(^^♪ 私はこんなやりとりを毎日のようにみていて、HOODの昼下がりにみんなで一息ついてくつろぐ時間をつくろうと思いました。つくるといっても、ただドリップコーヒーを淹れて、いただいたおみやげをきれいに並べるだけなんですが(笑)。 オフィスにコーヒーの香りが漂い始めると、なんとなくそれが「そろそろ一息つこうよ!」という合図にもなり、 最後にちょっと声をかければワークしていたメンバーがぱらぱらと集まってきます。 そして、旅先でのおみやげ話やちょっとしたプライベートの話など、これまで知らなかった一面をのぞかせてくれることもあります。 きっとこんな瞬間の積み重ねが、少しずつメンバー間の距離感を心地よくしていってくれるんですね。 ゆっくり、じっくり、すこしづつ。 オフィスという”日常”があるからこそ育まれる独特なつながりです^^  

Close

お問い合わせ

Would you like to see our space before joining? Come and visit our coworking space. Please fill out the form and our manager will get back asap.