HOOD天神(フッドテンジン)| 福岡天神のシェアオフィス・コワーキングスペース

福岡の中心地天神にあるHOOD天神は西鉄と福岡移住計画が運営するコミュニティ/シェアオフィス&コワーキングスペースです。天神駅から徒歩3分、アクロス福岡正面、水鏡天満宮のすぐお隣にあります。

旅立ちの春~goodroomのあらたな挑戦はじまる。
, HOOD Blog

旅立ちの春~goodroomのあらたな挑戦はじまる。

こんにちは!コミュニティーマネージャーの野上です。 2019年4月、HOOD天神は4度目の春を迎えています。 「おはよう」、「いってらっしゃい」、「おかえりなさい」。そんな家族のようなやりとりが自然と交わされるこのシェアオフィスにオープン当初から入居してくださっていたgoodroomさんが、独自のあたらしい拠点をつくって巣立っていきました。 4月10日、HOOD天神でひらかれた3周年記念イベントでは、すでにHOOD天神を巣立った元メンバーの今、これから卒業していくメンバーの今後についてクロストークが行われました。トークに登場したのはママリボンの谷川智代子さん(写真中央左)とgoodroomの石井優香さん(写真中央右)、そしてHOOD天神コミュニティーマネージャーの脇山と運営会社の窪田です。 トークでは、会員ではなくなった今もHOOD天神のコミュニティに関わりつづける谷川さんのお話やgoodroomの社員として全国のシェアオフィスを利用してきた石井さんからみたHOOD天神のコミュニティの温かさなど、HOOD天神で過ごした日々についてくわしくおはなししてもらいました。 goodroomさんは全国でリノベ賃貸マンションを展開する不動産会社で今年上場も果たした成長企業です。現在は東京に勤務する社員の石井さんは2016年の入居当初、東京からたったひとりで福岡に転勤してきていて、新拠点の立ち上げに奮闘していました。 福岡オフィスを探していたときはシェアオフィスに入居することは考えていなかったという石井さんですが、運営会社スタッフの窪田の誘いでHOOD天神に入居して、そこからはじまったシェアオフィスメンバーとの交流は、慣れない土地で新拠点立ち上げるという大仕事に挑む石井さんにとって、つかの間の癒しとなったようです。 HOOD天神の一入居者としてスタートしたgoodroomさんも現在は10名以上のスタッフが働くまでの拠点に成長しました! もはやHOOD天神では手狭となり、福岡市中央区薬院にあらたなシェアオフィスをオープンします。(goodoffice) あたらしい拠点はHOOD天神のように、人とのつながりを大切にした、カフェのようなコワーキングスペース。この3年間、goodroomさんが続けてきた挑戦の経験を活かしつつ、それを支えるぬくもりのある場所となりそうな予感がします。 スモールスタートで始まった企業さんとともに歩んだ3年間、それが心温まるスペースの広がりに結びついたことは私たちにとっても大きな成果であり、よろこびです。そしてここで育まれた信頼関係はきっとこれからも続いていくのだと思います。 goodroomさん、3年間ありがとうございました!これからもよろしくおねがいします^^

ゴールデンウィークの営業について
, News

ゴールデンウィークの営業について

平素よりHOOD天神 をご利用いただき、ありがとうございます。 2019年ゴールデンウィーク(GW)の営業に関しましてお知らせ致します。 ■4月27日(土)〜5月6日(月)はお休みとなります。 ・オフィス会員につきましては通常通りご利用可頂けます。 ・ご見学につきましてはお休みとさせて頂きます。 ※お問い合わせ※ (TO:info@hood-tenjin.com) 期間中は営業休止となりますためお返事が遅れる場合がございます。 ご迷惑お掛けしますが、ご了承頂きますようお願い申し上げます。

【HOOD天神3周年イベント】卒業と始動 ーぼくらがシェアオフィスからつくりたい働き方ー
, News

【HOOD天神3周年イベント】卒業と始動 ーぼくらがシェアオフィスからつくりたい働き方ー

\\こんな方におすすめのイベントです// ✔︎シェアオフィスでの働き方に興味がある ✔︎仕事だけではなく暮らしにも重点を置きたい方 ✔︎HOOD天神・西鉄・福岡移住計画に興味がある ✔︎新しい環境を求めている方 2019年4月、皆さまの支えによりHOOD天神は3周年を迎えます。 ここ数年で福岡市内も激戦区とメディアに取り上げられるようにシェアオフィス・コワーキングスペースが増えてきました。そんな周辺環境の中でHOOD天神としては、今後どのように展開していくのか、今回の3周年イベントで新たな仕掛けをご紹介する会にできればと思います。 またテーマは「卒業と始動ーぼくらがシェアオフィスからつくりたい働き方ー」と題しているように卒業がキーワードに入っております。 オープンから3年が経過するとさまざまな変化もあり、ご入居いただいていた方々も事業拡大され、次へとステップアップされていくことが増えてきました。 しかし卒業された(る)現在でもHOOD天神に関わりたいと、ずっと関係性を継続していただいています。それはいったいなぜなのか、これまでのHOOD天神のことを知っていただきたく、あえて卒業された方のお話も聞いてみたいと思います。 新たにはじまる「始動」とこれまでの「卒業」双方から、HOOD天神のことを知っていただければと思います。 ぜひ4月10日(水)は3周年イベントにお越しください。 登壇者は、 ▷グッドルーム: 石井さん https://fukuoka-ijyu.jp/2016/11/30/news1130/ ▷ママリボン福岡 : 谷川さん https://fukuoka-ijyu.jp/2016/10/17/mama01/ ▷福岡移住計画 / HOOD天神 : 窪田、脇山 によるトークパートや、ご参加いただいたみなさまで交流していただく時間をご用意する予定です! <プログラム> ーHOODのこれまで3年間のこと。 ー卒業入居者の話。 ーHOODのこれからの取り組み紹介。 ー交流会 ※予定が変更する場合がございます。…

もっと歌上手に!もっと「歌」が楽しくなる声の出し方とは【開催レポート】
, HOOD School, Report

もっと歌上手に!もっと「歌」が楽しくなる声の出し方とは【開催レポート】

シェアオフィスHOOD天神がお届けする 「チャレンジする人のための小さな学び場 = HOOD SCHOOL」 これまでに、場づくり講座、wordpress講座、プレゼンテーション講座など。様々な講座を開催してきました。 今回は、そんな中でも最近新しいラインナップに加わわった「ヴォイストレーニング講座」の開催レポートをお届けしたいと思います。 一般教養として学生時代に学ぶ音楽。その道に進む人でなければ、その後「音楽」について学ぶなんていうことはなかなかないのではないでしょうか。   そんな中でも今回は、現役のバンドヴォーカルに「人前でも上手に歌うコツ」をヴォイストレーニングを通して学びます。 教えてくれたのは、現在も福岡を中心にバンド活動を行いながら、専門学校やヴォイトレ教室で講師としても活動をしている中浦 涼先生。   そんな中浦先生が最初に教えてくれたのは、呼吸法。 ヴォイストレーニングなのに、呼吸法?と思うかもしれませんが、この呼吸法で声の出し方が全く変わるんだとか。 歌を歌うときに有効的なのは、「腹式呼吸」。 何故ならば、胸式呼吸だと喉に入ってしまうはずの力をお腹に使うので、喉の負担を軽減できるから、という点。そして、胸が上下しないので、安定感を保ちながら歌くことができるからのようです。   普段、なかなか腹式呼吸を意識したことのない人にとって最初は難しいですが、慣れると歌うときの負担がかなり減って上手に歌う第一歩になりそうです。   そして、続いてリズムの取り方やハミングなどの練習をした後に、実際に色んなリズムに合わせて声を出しながら自分の音域を知るという練習へ。 時々、カラオケに行って「あ、これ以上の音程このままの声量じゃでないな」とか「あ、ここから少し歌い方を変えなきゃ歌えない」と思うことってありませんか?そこが自分が裏声に変わっている瞬間なんだとか。   この裏声はときに、「大きな声で歌う」ということに慣れていないと、自分の声の音域が狭くなり裏声になりやすくなるだそうです。 歌が上手くなりたいという方はイヤホンで音楽を聞いて口ずさむ練習よりも、カラオケに行って自分が大きな声を出すということを練習した方が早く上手になることができるということですね。   今回の講座の中でも何度も繰り返しているうちに「あ、ここが私の裏声になる瞬間だ」という新しい気づきがあって、自分の新たな一面を知ることができるのも楽しみの1つ。     今回の講座の中では ・呼吸法 ・リズムに合わせて歌う…

来年も桜の季節にここで会いましょう
, HOOD Blog

来年も桜の季節にここで会いましょう

こんにちは! HOOD天神のコミュニティマネージャーの脇山です。 この間2019年を迎えたと思ったら、もうすでに新年度を迎えていて、新しい元号がついに発表。 平成でいられるのもあと少しか、、なんて思いながら先月のお花見の写真を眺めています。 みなさんは、今年お花見をしましたか? 私は、HOOD天神でのお花見が毎年の行事になっているので、HOODのランチ会以外ではお花見をするという機会がなくなりました。 今年のお花見ランチ会も SALT給食のメンバーが作ってくださるHOODランチ特別版!!! 今年は、昨年よりもバージョンアップして、最後の方になっても味が飽きないようにとグラデーションになったカップ寿司。 昨年はこうだったから今年はこう。ってどんどんリニューアルしていくってなんて素敵なんだろうって思いながら、今年も美味しくいただきました。 今年は、暖冬の影響もあり、少し早めに開花予測をされていたので3月中のお花見ということで、まだ満開まではあと少しある時期でしたが、たくさんの方(入居者さん、HOODに興味のある方)が参加してくださいました!! もちろん「初めまして」が多い空間でしたが、青空と桜の下では心も開放的になり、美味しいご飯を一緒に食べながらいろんな話をして盛り上がっている様子でした! 「また来年も参加したいです」 なんて言ってもらえるのは、とてもありがたい瞬間でした。 また来年もいい時間が過ごせるように、、思う瞬間と、もしかしたらこのメンバーに会えるのは今年が最後かもしれないという感覚と。そんななんとも言えないような気持ちで、今年のお花見ランチも終了しました! だからこそ、あえて最後のお伝えしたいです。 また、来年もこの場所で会いましょう。

「季節ごと」とともにコミュニティをつくること【開催レポート】
, News, Report

「季節ごと」とともにコミュニティをつくること【開催レポート】

こんにちは! 春は、出会いと別れの季節でワクワクしたり寂しくなったり、、。でもやっぱりポカポカしてくると、自分の眠っていた力が日の光を浴びて湧き出すような感覚がありますよね。 さて、そんな春の真っ只中の3月27日(水)シェアオフィスHOOD天神にてHOODお花見ランチを開催いたしました! ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。 今回は「季節ごと」を楽しむ当日の様子をお届けします!   シェアオフィスHOOD天神では、「季節ごと」を絡めたオープンランチ会を定期的に開催しています。 2月の節分の季節には「恵方巻きランチ会」 お米の美味しい秋の季節には「新米を食べるランチ会」 そして、今回春に開催をした「桜を眺めながらお花見ランチ会」 このオープンランチ会に欠かせないのが、SALT給食の存在です。 SALT給食とは、、 今宿のシェアオフィス「SALT」にて毎週水曜日に振舞われる給食。毎週バラエティ豊富なメニューと、とびっきりの美味しさで根強いファンも多く、入居者さんのみならず地域の方もSALT給食を食べにSALTに来られるというほどの人気。 (SALT給食の記事はこちらから) そんなSALT給食を手がけるスタッフのみなさんが、出張してHOODのオープンランチ特別メニューを作ってくださるのです! お花見の時は、春を感じるカップ寿司。 節分の時は、具沢山でワイワイできる恵方巻き。 ▲今年のお花見ランチで振舞われた「春を感じるカップ寿司」 ▲今年の恵方巻きランチで振舞われた「具沢山の恵方巻き」 ▲昨年の新米ランチで振舞われた「料理長お手製の佃煮」 など。 HOOD天神のオープンランチのコミュニケーションは、SALT給食から生まれると言っても過言ではありません。 メニューや色合い、見た目など細かいところで、コミュニケーションが生まれる仕掛けがたくさん施してあるため、自然と会話が生まれます。   実はこのオープンランチ会、古いもので3年前から継続して開催しているものがあります。 そのくらい時を重ねると、 「HOODでの恵方巻きランチのイベントが立ち上がると、またこの季節がやってきたな〜と感じます!」 という声をいただくことも。 今回のお花見ランチは、昨年に引き続き2年目。 「今年も参加することができてよかったです!」 というお声や 「去年は散り際でしたっけ?」…

Noya Village の古民家を体験!活用してみたい人も募集
, Noya Village

Noya Village の古民家を体験!活用してみたい人も募集

Hood天神では1月に、たねの里Noya Villageの映画上映イベントを開催しました。たねに関心のあるみんなで鑑賞をしたのは、インドの環境活動家Vandana Shivaさんにスポットをあてた映画『いのちのたねを抱きしめて』です。 そして2月には野矢で開催の味噌作り体験に参加してきました。この2月のイベント参加者には、1月の映画イベントに参加してくださった方もいらっしゃいました。 味噌は、昨年たねをまいて収穫をした大豆でつくりました。その後は野矢の方が地域の野草について教えてくれました。食べられるものを教わって、さっそくみんなで摘みに行きます。 といっても摘みに行くのはすぐそこ。都会では食べるものはどこか遠くにあるイメージを持ちがちですが、野矢では食べ物と暮らしがつながっているように感じられます。 大人たちが草花を摘みだしたので子どもたちも花を摘みはじめます。ふだんは通り過ぎているような小さな花を、「食べれるかな」と言いながら集めていました。 そんな中、ひのさんたちはランチを準備。古民家にできた新しいかまどで、ごはんとお鍋を作ってくれています。 そして炊き上がった大豆ご飯。 今回もひのさんたちの美味しいランチをみんなで味わいました。かまど炊きごはんもとても美味しいです。 こんな野矢の古民家をイベントなどで活用したい方を、今後Noya Villageでは募集していきます(まだ改修が続いていて、本格的に使えるのは初夏くらいからの予定)。また野矢で農業を始めたい人や、週末農業をしたいという方も募集。ぜひたねの里Noya Villageに足を運んでみてください。

今、学校の先生が注目する2020年に向けての学びとは?【開催レポート】
, HOOD School, Report

今、学校の先生が注目する2020年に向けての学びとは?【開催レポート】

シェアオフィスHOOD天神がお届けする 「チャレンジする人のための小さな学び場 = HOOD SCHOOL」 これまでに、場づくり講座、wordpress講座、プレゼンテーション講座など。様々な講座を開催してきました。 2019年に入り、このHOOD SCHOOLの講座は「学校の先生」の受講が多くなりました。 「なぜだろう・・・?」 こちらの記事では、HOOD SCHOOLの様子とともにその疑問を紐解いてみたいと思います。 HOOD SCHOOLの中でも、最近学校の先生によく受講していただく講座が、こちらの2つの講座。 ◉グラフィックレコーディング講座 ◉デザイン思考体験ミニワークショップ 上記2つの講座は、今年1月より定期的に開催しているのですが、大変ありがたいことにどちらも公開とともに満席になるほど大人気講座です。   【グラフィックレコーディング講座とは?】 会議の内容やそこで飛び交った議論を絵や図を使って可視化する「グラフィックレコーディング」。 その楽しみ方は、以前HOOD天神でも記事にさせていただきました。(記事はこちら) 文字だけが並ぶ議事録と比べて、手書きで味のある絵や図があることで、楽しく記録をすることができる記録法の1つです。 堅苦しくなりがちな会議が柔らかい雰囲気になったり、飛び交う意見を整理しやすくなり、会議が効率的になるということで今様々なシーンで活用されています。 (ほぼ日刊イトイ新聞でも特集されていました)   【デザイン思考体験ワークショップとは?】 イノベーションのための1つの方法論でもある「デザイン思考」。 過去のデータや経験だけに頼らず、デザイナーが考える手法で解決策を見つけていくという思考法です。 新しい商品やサービスを生み出す時に、考え方のヒントになると現在では多くの書籍も出版されるほど注目されている思考法の1つですね。   ▲3/12に開催された「デザイン思考体験ミニワークショップ」の様子 会議の場で有効的に使われるグラフィックレコーディングという手法と、新しいアイディアを創出するための思考法であるデザイン思考。  …

組み合わせることで可能性は何倍にも広がる?HOODで炊く炊き込みごはん
, HOOD Blog

組み合わせることで可能性は何倍にも広がる?HOODで炊く炊き込みごはん

こんにちは。コミュニティマネージャーの岸です。 HOOD天神では、毎月、入居者のみなさんとランチを囲みながら、対話を楽しみ、ちょっとしたワークに興ずるランチ会を開催しています。 スタート当初は、近くで調達したお弁当を広げてわいわいと語らっていましたが、いつの頃からか、HOODにある小さな3合炊きの炊飯器で炊き込みごはんを作るようになりました。 これまでのラインナップは ・天津甘栗とベーコンの炊き込みごはん ・かぼちゃと胡桃の炊き込みごはん ・春キャベツとあさりの炊き込みごはん ・そら豆としらすの炊き込みごはん ・とうもろこしごはん ・豚キムチの炊き込みごはん などなど。   ▲春キャベツとアサリの炊き込みごはん ▲豚キムチの炊き込みごはん 毎回、この具材とこの具材を合わせたらどうなるのかな?とあれこれ想像しながら、メニューを考えています。 私は、社会人対象の講座の企画や運営、ファシリテーションなどの仕事もしているのですが、仕事柄、大人の学びや人材に育成には、並々ならぬ(笑)関心があって、ついつい日常のいろいろな出来事を、「これって何かに活かせないかな?」「これは●●に似ている!」と結び付けて考えてしまいます。 炊き込みごはんのメニューを考えながら、ふと「これって人材育成にも通じるものがあるのでは???」と思うに至りました。   例えば… ・材料の種類は少ない(具材は2種類程度、それに粉末だしとほんのちょっとのお醤油) → あれこれ欲張っちゃダメ。メインの仕事を決めたらそれをきちんと任せる   ・炊飯器に具材を入れてスイッチ押せば簡単にできるんだ!という発見 → 簡単にできるんだよ。人も決めつけて見てるんじゃない?気づいていないけど意外といいとこ(長所)があるかもよ?   ・材料は○○産などにこだわらなくても、おいしい炊き込みごはんができる → 偏差値や学校名だけで決めつけない。可能性は誰にでもあるのだ!   ・炊き上がるまでどうなるかわからない → 一度、任せたら信じて待つ。自分(上司)がやっちゃった方が早いかもしれないけど、任せることも必要。   ・お米を丁寧に研いだり、下ごしらえをしっかりやると美味しくなる…

この春、新しい一歩を踏み出す時に大切にしたいこと【開催レポート】
, Report

この春、新しい一歩を踏み出す時に大切にしたいこと【開催レポート】

HOOD天神が開催をしている これからの道しるべになる本が揃う HOOD図書館。 2019年3月10日(日)13:00-16:00 シェアオフィスHOOD天神にて HOOD図書館〜はじめる人の本棚〜を開催いたしました! この時期、来たる新年度に向けて何かと新しい一歩を踏み出す方も多いのではないでしょうか。 そんな春に向けて、今回は「はじめる」をテーマに選書&ワークショップを行いました。 ▲思い思いにHOOD図書館の空間を楽しんでくださいました! この記事では当日イベントにお越しいただけなかった方にも、イベントの様子とともに「新しい一歩を踏み出す時に大切にしたいこと」をお届けします。 新たな一歩を踏み出すとき、「よし、頑張るぞ!!」と意気込んでいることもあれば、「やると決めたけど、やっぱり少しだけ心配・・・」という気持ちになることもあるのではないでしょうか。 前向きな時に読みたくなるような“明確な道しるべ”になる本。 少し後ろ向きになる時に読みたくなるような“そっと背中をおしてくれる”本。 そんな本を選んで、展示させていただきました! 本のページをめくった先に、あなたのヒントになる言葉があることを願って・・・   今回は、地域で「はじめる」を実践して活躍する3名の推薦人にご協力をいただき、「はじめる」本を選書していただきました。 ▲株式会社ALBUS代表 酒井 咲帆さん ▲合同会社visionAreal共同代表 おきな まさひとさん ▲基山フューチャーセンターラボ 代表理事 鷲尾依子さん 酒井さん、おきなさん、鷲尾さんがそれぞれの「はじめる」時に読んでいた本、心のよりどころとなる本、いつも傍において鼓舞する本を選書していただきました。 選書していただいた本の詳細は、この記事の下部でご紹介させていただきます。   ワークショップでは、ワークショップデザイナーの岸智子さんとコーチングカード「Points of You®」を使いながら、わたしの「やりたい」に向き合いました。 参加した人同士でコミュニケーションを取りながら進めることで、自分の興味関心はより具体的に言語化されて、参加いただいたみなさんも次第に笑顔に。…

Close

お問い合わせ

Would you like to see our space before joining? Come and visit our coworking space. Please fill out the form and our manager will get back asap.