4月 2020

【and You?】Vol.08 ~幸せな気分は、温めた身体の中心からやってくる~ タイ古式&オイルマッサージ「喜楽 」りなこ さんの選択
, and You?, News, Partner Project

【and You?】Vol.08 ~幸せな気分は、温めた身体の中心からやってくる~ タイ古式&オイルマッサージ「喜楽 」りなこ さんの選択

Vol.08 ~幸せな気分は、温めた身体の中心からやってくる~ タイ古式&オイルマッサージ「喜楽 」 りなこさん 枝いっぱいに花を咲かせた美しい桜をはじめ、色とりどりの草花が芽吹く春。 今年はコロナウイルスの影響で、お花見どころか外にあまり出られない毎日が続いていますが、今年も変わらず景色を彩ってくれる草花たちをみると、心が和みますね。   でもやはり「行動が制限される」ということでストレスを感じやすくなっていませんか? 「この状態、いつまで続くのかな…」と考え始めると、気が滅入ってしまいますよね。   そこんな時に真似したい、とっておきの方法があります。 お話を伺ったのは、“タイ古式&オイルマッサージ 喜楽 (きらく)”オーナーセラピストのりなこさん。「身体と心は繋がっている。自分を見つめ、いたわることでまた元気に歩き出せる」を信条にサロンを経営しています。 詳しくはこちら 思わずこちらも笑顔になってしまう、人なつっこい笑顔で迎えてくれる、りなこさん。 多くの人が身体だけでなく心までほぐされ、最後には心身ともに整って帰っていきます。   いつもに比べて身体がなまりがち、心も揺らぎがちな今、皆さんもぜひ取り入れてみませんか?   1.朝一杯のお白湯から、一日の終わりの入浴まで。常に身体を温めることを意識する。 "冷えは万病の元。体温を上げると免疫力が上がる!" ということは皆さんよくご存知のことと思います。もうひとつ、身体が温まるといいことがあるそうです。 りなこさんは言います。   「身体が温まると幸せを感じませんか?」   たしかに… あたたかいハーブティーを飲んだ時、湯船に浸かった時「ああ、幸せ…」と思いますよね。 りなこさんは毎朝起きたらまず、一杯のお白湯を飲みます。 内臓が温まってホッとすると、朝ごはんもより美味しく感じ、栄養も染み渡るような気がしますね。 お仕事の合間やひと息いれる時は、薬膳茶を飲んでいます。以前【and YOU?vol.06】の取材でも少し触れましたが、薬膳茶は種類によって様々な効能があり、その日の気分や体調に合わせて飲むと身体が喜ぶのだそうです。りなこさんのサロンでもお客様にあった薬膳茶を出しているそうですよ。 お仕事がひと段落したら、首、肩、そしてお腹にあたたかいスチームピローをあてます。…

休校期間から生まれた子どもへの取り組みと私たちの学びとは
, HOOD School, News

休校期間から生まれた子どもへの取り組みと私たちの学びとは

新型コロナウイルスの拡大に伴い、福岡県を含む1都6県にて緊急事態宣言が発令されました。「移住」に伴う移動や運営するシェアオフィスでコミュニティ創出のため人の集う場をつくってきた私たちにとって、現状の政策はまさに逆方向を向いています。しかしそんな状況の中でも(外出を制限しながら)私たちなりにできることを日々取り組んでいこうと考えています。この記事ではそんな【私たちなりの取り組み】についてのご紹介とそこから得たものについてお届けいたします。 2020年2月27日、子どもたちにとって当たり前だった「学校」という日常が一変することになりました。これは現在も世界的に猛威をふるう、新型コロナウイルスの感染拡大の防止策として、政府による全国一斉休校が要請されたためです。   私たちの周りにも子どもを持つ家庭が多く、「私たちに何かできることはないか」ずっと模索をしていた最中、運営するシェアオフィスの会員さんからとある提案をいただきました。   「小学校の春休み延長の期間を活用して、オンラインで子ども向けに何かやりませんか?」   それが「HOOD SCHOOL WITH(=以下、HSW)」のはじまりでした。 ご提案から、わずか10日。HSWは、「子どもとともに、体験しながら学ぶ」をコンセプトに、長期休暇で実施するオンラインの体験型スクールとしてスタートしました。 シェアオフィスの会員さんや、パートナーのみなさんに各時間のリーダーとなってもらい、プログラミングやグラフィックレコーディング、けいざいの教室など約15のコンテンツで実施することができました。 この記事では、HSWの3週間を終えて、「子どもの学びの可能性」について今思うことを2つお話できたらと思います。   1.学校教育とともに子どもを育むこと このHSWで、各時間をリードするのは、シェアオフィスHOOD天神に関わる様々な職業の個性豊かなメンバーたち。職種もこれまでのキャリアも様々だからこそ、そのリーダーたちが生み出すコンテンツはとてもユニークでした。 ▲今回の体験のコンテンツ例 子どもたちは私たちが思っている以上に発想力が豊かで、「こんな風にやってみた!」とか「次はこんなことやってみたい」と次々に思い浮かんだことを話してくれました。HSWのコンテンツは、子どもたちにとって普段の学校とは違う体験だったからこそ、新鮮なアイデアが浮かんできたのかもしれません。   でも、この3週間を終えて私たちが思うことは、HSWのような好奇心に委ねる学びは、”学校での学び”という土台があるからこそ成り立つものであるということ。 当初、「学校では学べないことを体験してもらえそうだよね」なんて話しながら進めてきましたが、HSWのコンテンツは「数の数え方」「ものの名前」「人に伝えるための語彙力」など、いわゆる基礎学力というものがあってこその内容でした。   2. 内省することと人に伝えることから学ぶ 今回のHSWで大切にしたことの1つに「朝の会」と「帰りの会」の存在があります。 思わぬ休校措置だったために、学校に行くリズムをなるべく崩させたくないという保護者のご意見をもとに実施したのですが、「時間のけじめ」でもあるこの時間で、思わぬ効果がありました。   それが、内省することと自分のことを人に伝えるという経験。   朝の会では、自分の今日のめあてを発表し、帰りの会ではそれが達成できたかを1人1人話してもらいました。そうすることによって、「今日という1日をどんな1日にしたいのか」という自分自身の気持ちと向き合う内省のきっかけになったのです。 ▲HSW中の子どもの様子(朝の会の様子) 「ご飯をたくさん食べる」や「宿題を2ページ頑張る」というめあてを話す中で、「僕もリーダーをやってみたい」という小さな意志も生まれてきました。…

緊急事態宣言下での施設運営および施設利用についてのお知らせ
, News

緊急事態宣言下での施設運営および施設利用についてのお知らせ

ご利用のみなさまへ いつも当施設をご利用いただき誠にありがとうございます。 さて、このたび緊急事態宣言が発令されたことを受け、新型コロナウイルスの感染・拡大防止のため当施設の体制を以下のように変更させていただきます。 <対応内容>  ■期間:2020年4月8日~2020年5月8日(※状況をみながら随時更新させて頂きます) ■スタッフ勤務時間の短縮(平日10時~18時) ■会員さまによる外部ゲストの受入れの停止 ■ドロップイン利用停止(※当項目に限り現時点では5月17日まで) 以上となります。なお、当施設の運営状況と、今後の政府および行政・自治体の方針により随時対応は変更していく可能性があることをあらかじめご承知おきくださいませ。 ご不便おかけしますが、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

Close

お問い合わせ

Would you like to see our space before joining? Come and visit our coworking space. Please fill out the form and our manager will get back asap.