6月 2018

NoyaVillage現地イベントレポート:大豆種まき&梅干し作り
, Noya Village

NoyaVillage現地イベントレポート:大豆種まき&梅干し作り

Noya Villageでは、農業体験イベントを毎月開催しています。 今回は、6月23日(土)に開催されたイベントの参加レポートを写真中心にお届けします。 (今後の体験イベントはこちら) 品種改良のプロに聞く、固定種のお話 イベントはまず、「サンアグリ」(大分県九重町)の佐藤さんのお話からスタート。佐藤さんは元は種苗会社に勤め、花卉(かき:観賞用の植物のこと)の品種改良をしていたという、データ分析が得意な農家さんです。現在は自身の農場で、花卉をできるだけ農薬を使わずに育てたり、固定種野菜も生産しています。 (佐藤さんのお話は、あらためて別記事でお届けします。) 佐藤さんから種のお話を聞いた後は、実際に種をまくところまでやってみよう!ということで、みんなで種の選別をしました。この日にまくのは大豆です。 選別をしているときにも、土づくりに使う菌(納豆菌など)のつくり方など、佐藤さんはわかりやすく丁寧に解説してくれました。 終わったのがこちら。これをまいていきます。 この日は雨だったため、直接畑にまくのではなく、ポットにまきました。種をおいたらその上にもまた土をかけます。参加していた子どもたちも、楽しんで黙々とまいていました。 畑を借りて家庭菜園をしているという参加者さんは、自分の畑の写真を佐藤さんに見せて、栽培相談。佐藤さんはどんどんと具体的なアドバイスをしていきます。 種まきが終わるとお昼ご飯。日野さんが固定種を使ってシンプルに味付けをした料理を作ってくれていました。日野さんは湯布院で1日1組限定の温泉宿「艸月」も運営していて、固定種野菜の料理はとても好評のようです。そんな日野さん夫婦の素材&料理の腕でできた今回の定食、とても美味しかったです。 梅をつかったデザートの作り方も教えてくれました。   後半は梅収穫〜梅干し作り この日に漬ける梅は、熟れたものを日野さんが収穫してくれていて、佐藤さんのお話の前にあらかじめ水につけてアク抜きをしました。これから収穫しにいくものは、熟れるまで待ってから使います。 向かったのは日野さんの田んぼ脇にある梅園。ふんわりと梅のいい香りがします。地域の人はだいたい各家庭で梅の木を持っていて、暮らしで使っているそうです。 日野さんの田んぼ。ここだけでなく、野矢エリアに点在しています。 日野さんはお米も自然栽培なので、こうして雑草が生えたり、イモリやいろんな生き物がいたりします。この草たちは一面ものすごい量があるのですが、稲が草に負けないくらい育つまで、日野さんが手で抜くのだそう。(あとはイモリたちが食べてくれたりします。すごいですね。) みんなで収穫した梅はこれくらいの量になりました。 そしてこれからみんなで仕込むのがこちらの熟れた梅です。朝からアクとりをしていたものですね。 まずは梅拭き。傷が入っていないか、柔くなっていないか、一つ一つ確認しながら水を拭き取っていきます。 それから梅を壺に入れて、塩を入れて、を繰り返します。まず日野さんがお手本を見せてくれて、みんなで漬けました。 こんな感じに漬けていきます。 子どもの質問にも丁寧に答える日野さん。 5日後にはこういう風になるよ、とあらかじめ漬けておいたものも見せてくれました。 つけ終わったらおやつタイム。控えめな甘さのあんことお団子に、梅のシロップをかけます。いろんな使い方があるんですね。 おやつを食べながら、栽培トークで盛り上がります。今植えている野菜の育て方や、これから育てるのにオススメな野菜など、日野さんもどんどんアドバイスしてくれます。野矢にはいろんな先生がいるので心強いですね。 私は佐藤さんに教えてもらった「袋栽培」という方法(肥料袋に穴を開けて水はけをよくして、それを鉢代わりにする。しばらく不在して世話できない時には袋の下に水を貯めておけば土が吸ってくれる)を聞いて、試してみようと思いました。 子どもが独立して家庭菜園をはじめたという人から、子育て中の人まで、いろんな参加者があつまりました。アットホームな雰囲気なので、ちいさな子ども連れでも安心して参加できます。 この子は実は我が家の子(笑)。他の参加者に遊んでもらったりしたほか、かまきりの子どもを見つけたりして喜んでいました。農業体験も学びがあって面白かったのですが、田舎体験としても家族で豊かな時間を過ごせました。…

Noya Village通信:【季節のお知らせ】6月のNoyaの様子
, Noya Village

Noya Village通信:【季節のお知らせ】6月のNoyaの様子

いよいよ6月に入りました! 5月のNoyaでの田植え体験から1ヶ月。 6月のNoya Supporter(=野矢の農業体験ツアー)は、 これからがシーズンの梅干し仕込みや大豆や野菜の種まきを 体験できるそうです。 6月のNoya Villageの体験は、6月23日と27日です。 Noya Supporterの申し込みはこちら。 さて、前回は野矢で日野さんが植えてくれた 〝HOODきゅうり〟についてご紹介しました! 今回は、野矢の今をお伝えする季節のお知らせです。 季節を感じながら生活をすること。 季節の食材をいただいたり、 その時期にしかならない木の実を採りに行ったりといった光景が、 自然豊かな野矢ではごく当たり前に広がっています。 そんな野矢で採れる季節の食材や、季節の風景を 定期的にお伝えしながら、Noya Villageの季節を楽しみたいと思います。 それでは、ひのさんから届いた今のNoyaの様子です。 <Noya Village通信> さて、6月に入りました! 田植え体験からも1週間が過ぎ、田んぼの様子や、 次回の梅の仕込みにつかう、梅の木が成長しているか、気になります・・・ 田んぼ そろそろ、根も張ってきたようです。 試しに、1本抜いてみると・・・。 植えてもらった参加者のみなさんは、分かるでしょうか?? 小さなポットから、広大な田んぼへ移されたことで、稲も気持ちよく根を伸ばすことができます。 根が少し長く太くなりました。…

Close

お問い合わせ

Would you like to see our space before joining? Come and visit our coworking space. Please fill out the form and our manager will get back asap.