Category: Noya Village

Noya Village通信:HOODきゅうり、発芽しました!
, Noya Village

Noya Village通信:HOODきゅうり、発芽しました!

5月のHOODイベントのあと、日野さんが野矢で固定種きゅうりを植えてくれました。 私たちがHOODきゅうりと呼ぶことにしたこのきゅうり、その後をお知らせいたします。 8日目にはもう双葉が。 写真は、日野さんに撮っていただきました。現地からのレポートうれしいですね。 6月23日と27日にある農業体験イベントでは、私たちも現地を訪れて取材いたします。 また、この「Noya Village通信」では今後も日野さんから教えてもらう野矢の状況をお知らせしていきます。体験イベントで仕込む梅干し用の梅など、今はどうなっているのでしょうか?

6月開催!「Noya Supporter」農業体験のお知らせ&5月開催イベントレポート
, Noya Village

6月開催!「Noya Supporter」農業体験のお知らせ&5月開催イベントレポート

筑後川がはじまる場所、大分県九重町の野矢地域 福岡の重要な水源の一つである筑後川。その上流にさかのぼると、東のはしっこに「野上川」という支流があります。東西に大きく流れる筑後川にはいろいろな源流がありますが、東の起点(参考イラストマップ)はどうやらこの野上川のように思えます。 「野矢」地域はそんな野上川の流域にあり、きれいな里山風景が広がっています。私たちや多くの人の暮らしを支える筑後川がはじまるところだと思うと、ちょっと気になりませんか? 源流の里山を守る「Noya Village」プロジェクト 野矢で暮らす源流の人たちは、古くから山を開拓して田や畑にして暮らしてきました。しかし現在は野矢も高齢化が進み、せっかく作り上げてきた里山も荒れはじめているそうです。 そこで野矢の里山を守るため、農家の日野さん夫婦は固定種野菜をつくる伝統的な農業を地域で広めています。自分たち夫婦だけでなく、野矢地域のおじいさんやおばあさんたちにもタネを提供してみんなで栽培し、固定種野菜を特産品としていこうと取り組んでいるのです。 そうして野矢地域を「Noya Village = 固定種野菜自給自足のムラ」にしていきながら農業体験や田舎体験をしたい人を招くことで、持続可能な里山づくりを目指すといいます。(もし野矢に住みたい若い人たちがいれば、移住もできるだけサポートしたいのだそう。) そんな「Noya Village」の活動を私たち福岡移住計画も応援しています。 そこで「はじめるひと」を応援するHOOD天神で、日野さんたちと固定種について学んで・はじめるためのプロジェクトをスタートしました。今回の記事では、5月に開催したHOOD天神でのイベント内容と、6月23日、27日に野矢で開催する農業体験イベントについてお知らせします。 日野さんたちと一緒に源流の里山を守りたい方、固定種野菜づくりに興味のある方など、ぜひ「Noya Village」の農業体験にお越しください。ご参加をお待ちしています!(詳細はこの記事末でご案内しています) 自分たちの食を自分たちで守りたい どうして固定種なのでしょうか?日野さんが固定種の野菜栽培をはじめたきっかけは、「雄性不稔」という株のタネで野菜をつくる現代農業への違和感だっといいます。 簡単にいうと、雄性不稔というのはオシベがない株のことで、そのタネを使った効率的な農業生産が世界でも日本でも広く普及しているのだそう。そのためたとえば流通している大根を植えておいて花を咲かせると、ほぼオシベがないのだとか。HOOD天神でのトークイベントでは、参加者にオシべのある固定種野菜の大根の花が配られました。 雄性不稔を利用した農業は「なんだか自然じゃないな」と感じた日野さんたちは、自分の食は自分で守るために固定種だけ栽培していくことにしました。そして同じように感じる人たちがいれば固定種も選べるような選択肢を守っていきたいと考えています。先代から続いてきたタネで、自分たちで食べものをつくる人たちを増やしていくことも、Noya Villageは目指しているのです。 タネをまいて、タネを採る。固定種栽培はいのちの循環 日野さんは、タネからみると野菜は大きく2タイプに分けられるといいます。 1つはトマトのように、一般的に食べるところ(実)の中にタネが入っていて、タネまで食べるタイプ。もう1つは大根のように、食べるところ(実)とは別にタネができてタネは食べないタイプです。 どちらにしてもタネは自然とできて、そのタネがまた次の世代のいのちを芽吹きます。そしてたとえばトマトを食べるとき、私たちはタネのいのちもいただいていて、大根であれば花を咲かせてタネをつくるはずだった分の、タネのエネルギーごといただいている、ともいえるのです。 日野さんのそんなお話を聞いていると、いのちの循環やエネルギーの生態系循環の壮大さを感じました。タネがずっと続いてきているなんてすごいですよね。 HOOD天神でのイベントでは、こうした日野さんのトークのほか、固定種野菜の試食もあり、 日野さん:「この花はなんの野菜だと思う?」 参加者:「うーん、ゴマ?」 日野さん:「おしいっ、ルッコラでしたー」 のように味覚を楽しんだり、シンプルな調理でも「野菜の味が濃くて美味しい」と味わったりして盛り上がりました。 タネを採って、まいてみよう!…

たねの里「Noya Village」×  福岡移住計画 新プロジェクトスタート
, Noya Village

たねの里「Noya Village」× 福岡移住計画 新プロジェクトスタート

ーこれから先、わたしたちの生活から日本古来の野菜がなくなってしまうかもしれない。そんな未来を前に今わたしたちにできることは何だろう。(2018年5月21日更新) 固定種という種から生まれた野菜があることをご存知ですか? その固定種野菜を育て、守っている大分県九重町のNoya Villageと福岡移住計画(HOOD天神)との共同プロジェクトが5月よりスタートすることになりました。 今、わたしたちが考える「食」のこと、「たね」のこと ■Noya Villageとは Noyaは、湯布院(大分)から電車で13分のところにある「野矢」駅周辺の静かな里山地域。 そんなNoyaの未来を考え、固定種の「たね」を自家採種することで守りながら、自給自足できるようにしていく取り組みが『Noya Village』です。 <Noya village(運営者:Noya Design Project):http://noya-village.com/> ■固定種野菜とは 野菜のもとを辿ると、その全てが種にたどり着きます。 そしてその種には、「固定種」と「交配種(F1種)」の2種類が存在するのです。 私たちが普段の生活の中で口にしているほとんどの野菜は、「交配種(F1種)」と言われ、性質の異なる系統の掛け合わせによって採られた雑種です。この交配をいくつも繰り返し生まれているのがF1種の野菜になります。 一方で、Noya Villageで栽培をしているのが「固定種」と呼ばれ、よくできた野菜を選んで種を採り、その種を蒔いて新たに野菜を育てるという工程を一つ一つ繰り返してできる種です。そのため採れる量も限られています。   量産が可能な交配種(F1種)と異なり、固定種の野菜はできた野菜から採取するため、種によって色や形、大きさ、さらには生育のスピードさえも変わってきます。多様な変化を受け入れながら種を守り、育てていく。そうやって育てられた野菜は、私たちが一般的に食べている野菜と比べて味が濃かったり、とびきり辛かったり、個性豊かな野菜が多く存在します。今の私たちがよく口にする野菜は、本来の野菜よりも味も栄養価も大きく失っているようです。 九州(大分)で「たね」を守ること、歴史を紡ぐこと   今回共同プロジェクト実施にあたり、『Noya Design Project』の中心メンバーである日野克哉さんを訪ねて、大分県九重町の野矢地区へ訪れました。   もともとは兼業農家として農業に携わっていた日野さん。 5年前に専業で農業と向き合いたいと決意し、様々な勉強をする中で「固定種」と出会ったそう。   「昨年取った野菜の中から、よくできたものを選び種をとり育てて苗にします。種類によっては花粉なんかですぐに違う種類と混ざってしまうものもあるので、種を隔離して育てたりもするんですよ。そうやって苗になるまでに、1ヶ月のものもあれば、3ヶ月かかるものもある。育つスピードも、出来上がる形や大きさもそれぞれなのが固定種ならではの面白さだと思います」  …

Close

お問い合わせ

Would you like to see our space before joining? Come and visit our coworking space. Please fill out the form and our manager will get back asap.