, HOOD School, Report

もっと歌上手に!もっと「歌」が楽しくなる声の出し方とは【開催レポート】

シェアオフィスHOOD天神がお届けする 「チャレンジする人のための小さな学び場 = HOOD SCHOOL
これまでに、場づくり講座、wordpress講座、プレゼンテーション講座など。様々な講座を開催してきました。

今回は、そんな中でも最近新しいラインナップに加わわった「ヴォイストレーニング講座」の開催レポートをお届けしたいと思います。

一般教養として学生時代に学ぶ音楽。その道に進む人でなければ、その後「音楽」について学ぶなんていうことはなかなかないのではないでしょうか。

 

そんな中でも今回は、現役のバンドヴォーカルに「人前でも上手に歌うコツ」をヴォイストレーニングを通して学びます。

教えてくれたのは、現在も福岡を中心にバンド活動を行いながら、専門学校やヴォイトレ教室で講師としても活動をしている中浦 涼先生

 

そんな中浦先生が最初に教えてくれたのは、呼吸法。
ヴォイストレーニングなのに、呼吸法?と思うかもしれませんが、この呼吸法で声の出し方が全く変わるんだとか。

歌を歌うときに有効的なのは、「腹式呼吸」。
何故ならば、胸式呼吸だと喉に入ってしまうはずの力をお腹に使うので、喉の負担を軽減できるから、という点。そして、胸が上下しないので、安定感を保ちながら歌くことができるからのようです。

 

普段、なかなか腹式呼吸を意識したことのない人にとって最初は難しいですが、慣れると歌うときの負担がかなり減って上手に歌う第一歩になりそうです。

 

そして、続いてリズムの取り方やハミングなどの練習をした後に、実際に色んなリズムに合わせて声を出しながら自分の音域を知るという練習へ。
時々、カラオケに行って「あ、これ以上の音程このままの声量じゃでないな」とか「あ、ここから少し歌い方を変えなきゃ歌えない」と思うことってありませんか?そこが自分が裏声に変わっている瞬間なんだとか。

 

この裏声はときに、「大きな声で歌う」ということに慣れていないと、自分の声の音域が狭くなり裏声になりやすくなるだそうです。
歌が上手くなりたいという方はイヤホンで音楽を聞いて口ずさむ練習よりも、カラオケに行って自分が大きな声を出すということを練習した方が早く上手になることができるということですね。

 

今回の講座の中でも何度も繰り返しているうちに「あ、ここが私の裏声になる瞬間だ」という新しい気づきがあって、自分の新たな一面を知ることができるのも楽しみの1つ。

 

 

今回の講座の中では
・呼吸法
・リズムに合わせて歌う
・星野源の「SUN」を歌いながら、上手に歌うコツを学ぶ
・様々な技法を練習する
・星野源「SUN」を練習する

を参加したメンバーと講師とともに楽しく進めていきました。

 

歌上手になるためのたくさんの学びがあった中で、講師が教えてくれた最も歌上手の近道とは。

 

 

声を鍛える前に「耳を鍛える」

 

 

ということ。これまたヴォイストレーニングなのに、耳?!という気もしますが、耳を鍛えるということが何よりも重要で、かついつでも練習ができることなのだとか。

 

私たちが聞いている音楽は、主旋律であるメロディの裏側に多くのリズムや音が隠れています。
そのリズムに耳を傾けて、その中に調和させるように自分の声を合わせるということで、音程を取ったりリズムに合わせて歌うということができるようになるということだそうです。

 

これなら、まず1人でも人目も気にせず練習できることですよね。
まずはこのステップから始めてみて、声を出しての練習はぜひ一緒にHOOD SCHOOLで一緒に学びながら習得して行きましょう!

 

歌が苦手だと思っていた方
これからもっと歌上手になりたいと思っている方
人前で歌う機会が多いので、練習しておきたいという方

にはぜひオススメのこの講座。

 

今月は、【4月25日(木)19:30〜】よりHOOD天神にて開催をいたします。
▼お申し込みはこちらから(画像をクリックすると申し込み画面に飛びます)▼

Close

お問い合わせ

Would you like to see our space before joining? Come and visit our coworking space. Please fill out the form and our manager will get back asap.