cover-vMqeN5f43zrqLECpUmhMS6fLbxBJ1Uqw

【9月28日開催】green drinks Tenjin vol.5
 『リノベーションとソーシャルデザイン』

こんにちは。いとしまシェアハウスの畠山千春です。

「ソーシャルデザイン」をテーマにおいしい食事とお酒でゆるく繋がるイベント green drinks Tenjin (略してgdT!) 。次回はいよいよ第5回目!

「green drinks」は、ニューヨークやロンドンなど世界500都市以上で開催される市民発イベント。環境、まちづくり、子育て、教育、平和など、その分野のキーパーソンをゲストに、参加者みんなで対話してゆくオープンな交流会です。積極的につながっても良し、遠巻きに眺めても良し。思い思いに楽しんでください。

「実は昔からgreenz.jpを読んでいる」「以前からソーシャルベンチャーやデザインなどが気になっている」「でも、学校や職場など身近にしっかり話せる人がいない……」そんな人こそ、大歓迎のイベントです。

* * *

5回目のgdTのテーマは、「リノベーションとソーシャルデザイン」。

全国で空き家や空き店舗が増加するなか、『リノベーション』という言葉があちこちで取り上げられるようになりましたね。リノベというと”DIYで家を改修する”イメージが強いかと思いますが、今その意味合いが少しずつ変化しているように感じます。地域で空き物件が増えるということは、その街の価値やコミュニティも失われつつあるということ。ただ家を直すだけでなく、『地域の課題を解決しながら暮らしやすい場所を作る』という、広義での”リノベーション”が近年注目されています。

今回のゲストは、そんなテーマにぴったりなお二人!シングルマザーとして子育てをしつつ、バリバリと働くパワフルなゲストをお招きします。

お一人目のゲストには、日本家屋をリノベした「ねこと暮らせるシェアハウスQ邸(http://neco-q.net)」、ビルの空室を活用した「ねこ付きシェアオフィスQstudio(https://ja-jp.facebook.com/Qstudioimaizumi/)」などを運営される江頭聖子さん。空家リノベーションの企画からオーダーメイド賃貸の総合プロデュースまで幅広く活動し、福岡リノベ界隈の第一線で活躍されています。

そしてお二人目のゲストは、五島列島福江島にて1日1組限定のお宿「jasmine(https://www.facebook.com/gotojasmine/)」、台湾式朝ごはん屋「金木犀」などを手がける芳澤瞳さん。『リノベの女王』として活躍されており、その名前を耳にされた方も多いはず。普段は福江島で活動する彼女は、江頭さんからの熱いリクエストでトークが実現!直接お話が聞ける大チャンスです。

今回は、gdT初の2人とも女性ゲスト&お2人のキッズ達も一緒に登壇してくれます。空き家のリノベーション、女性の働き方、暮らし方、子育てについてもお話が聞けたらと思っています。司会進行は、お馴染みのgreenz.jp小野裕之、畠山千春が務めます。

「初めての参加でちょっと不安」という方も大丈夫!ここは年齢や職業に関係なく、みんなでつくるコミュニケーションの場。どなたでも自由に参加していただけます。
ここ天神から、地域の課題をみんなのアイディアで解決するコニュニティを作っていきませんか?必要なのは、自分ごととして考える力と、ワクワクする気持ち。みなさんのご参加お待ちしております!

green drinks Tenjin vol.5「リノベーションとソーシャルデザイン」

【日時】

2017年9月28日(木)19:15~(開場19:00)

【会場】

HOOD天神

【住所】

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1丁目15-5 天神明治通りビル半地下1F

【参加料】
前売り:2,200円
当日:2,500円
(軽食とワンドリンク付き)2杯目以降はキャッシュオン

【前売りサイト】
http://ptix.co/2ewVzhH

【トークゲスト】
・江頭聖子
脱OL後に内装職人である父の元で現場を学び、2014年に株式会社福岡リノベースを設立。「福岡の暮らしをもっと楽しく」をテーマに、空家リノベーションの企画やシェアハウスプロデュースなどを手がける。日本家屋をリノベした「ねこと暮らせるシェアハウスQ邸」、ビルの空室を活用した「ねこ付きシェアオフィス Qstudio」を運営。昨年霧島市内にもシェアハウスをOPENし、2歳になる息子と共に福岡⇄霧島の二拠点生活をスタート。

・芳澤瞳
本業は放射線技師。インテリア好き。2年に1回のペースで部屋を引っ越し毎回セルフリノベ。2012年に長崎県五島列島福江島にUターン。年の1/3は放射線技師、1/3は行政・NPO・学校のお手伝い、1/3はのーんびり。「暮らしの場をもっと楽しく!」をテーマに、福江島のまちなかに文化をつくるべくビル1つ・空き家1つを購入。1日1組限定のお宿「jasmine」、台湾式朝ごはん屋「金木犀」の大家さん。年収150万なのに不動産を2つも買って攻めの人生を歩む理由は、5歳の息子の未来のためです。

※恐れ入りますが、当日来られなかった方のチケット代金の払い戻しは行いません。green drinks Tenjin の運営費に充てさせていただきますので、ご了承くださいませ。